[東京-面接]に349件の投票がありました。

OLD 
投稿者ビザ日数コメント
リアJビザ(初回)3いつも参考にさせていただき感謝しています。某大統領効果でJビザは取得に時間がかかると聞いていましたが、あっさりでした。面接は3月半ばでした。面接予約は3営業日ぐらいから取れました。面接時は予定時刻より30分ほど待ちましたが、実際の面接時間は5分ほど。質問内容はいたって普通の内容で、最後「一週間後には届く」と言われましたが、実際は3日で届きました。同僚も同時期にJビザ申請していましたが、同じく3日程度で到着しました。(2017/4/18(火)17:56)
ルナその他6FビザからOビザへのステータス変更です。

2016年11月に、アメリカでOビザの申請がUSCISより承認されました。

2017年3月にパスポートのビザスタンプ取得のために帰国、

3月23日 東京のアメリカ大使館にて面接

   9時 大使館に到着(予約は9時半)

   9時20分  入館

   10時15分  面接  2〜3の仕事内容を確認する簡単な質問のみ。
        担当の方は人のよさそうな大柄な男性でした。
         
        無事承認を得る

10時30分  大使館を出る


3月27日  米大使館のHPでビザの状況確認
     CEACで、「Administrative processing」となっており、
     口頭で「承認した」と言われたにも拘らずやや不安に。

3月28日  CEACで、「Issued」に変わり、ほっとする。
     パスポート番号で状況確認すると、
「パスポートは大使館・領事館にあります大使館にあります」
     とのこと・・・。

  夜に見たら、「パスポートは発送のため、大使館・領事館から
     持ち出され、発送手続き中です」に変わる

3月29日  午前中、無事レターパックが届く!


トランプ政権への移行で入管政策も何か影響があるのではと不安
でしたが、何事もなく承認されてよかったです。(2017/3/29(水)12:53)
ranその他まだF-1ビザ(初回)の申請でした。
自分が思っていたことと違うことがたくさんあったので、記しておきたいと思います。

*持ち物
記載されている必要書類を持っていくことは大前提として。
カバンの大きさや、持ち込み可能品について細かな記載がされていたので、余計な荷物は駅のコインロッカーに預け、規定通りの大きさのバッグで行きました。
しかし、割と大きめのバッグで来られている方が多く、何の問題もなく検査場をスルーしていました。
また、「携帯電話はセキュリティゲートで預ける必要がある」と記載されていましたが、全くそのようなこともありませんでした。
(わざわざコインロッカーに預ける必要はなかったと思いましたが、何かに引っかかるよりはマシですね)

*待ち時間
10時30分の予約で、10時過ぎに到着しました。25人くらいの行列でした。
定期的に7名ずつくらいがセキュリティゲートの建物に入館。ここに入るまでに40分くらい。
その後面接をする建物に移動し、受付のためにまた並びます。
受付が済んだらここでもセキュリティゲートを通ります。
ここの建物に入るまで20分くらい。トータルでおよそ1時間待ちでした。
だいたいが屋根のない屋外で並ぶことになるので、雨の日や・寒い日・暑い日は大変だろうかと思います。
その後、面接の順番が回って来るまでに20分くらいの待ち時間でした。
到着〜退館まで1時間30分くらい、というところでしょうか。

*面接
面接の順番が回って来ると掲示板とアナウンスで知らせてくれます。
先に指紋を取るだけのところに行き、指紋を採取。
それが終わったらいよいよ面接です。
何を聞かれても英語でちゃんと応えられるように準備をして行きましたが、やはり緊張します。
しかしその緊張も全く無意味なもので、日本語での面接でした。
聞かれた内容は・・・
「語学の勉強に行くのですね?」→『はい』
「今のお仕事の内容は?」→『大学教員です』
「誰のお金で学校に行きますか?」→『自分のお金で行きます』
「はい、じゃあ1週間程度でパスポート届きます」
と、なんともあっけなく、素っ気なく終わってしまいました。

私の前の方は、日本語で質問されているのに対して「イ・イエス」と必死に英語で答えようとしていました。
「この人も英語で準備してきたんだろうな」と少し気持ちはわかりました。
仕事のためにビザ取得されている方たちは英語で面接されているようでしたね。
「日本語の面接にしますか?」と聞かれている人もいたように思います。

持ち物のことから、面接に至るまで、長い時間をかけて準備した割に簡単に終わったので驚きましたが、おそらく無事にビザが届くと思うので、結果オーライということで。

(2017/3/24(金)9:28)
bb7その他2皆さまが投稿されている情報に大変お世話になりましたので、私の状況を投稿させていただきます。

01/11/2017: 申請したビザの種類はO-1(初回)で、米国の企業でデザイナーをしております。特殊なビザですので、移民局への申請は弁護士を使い、約10ヶ月ほどの準備と結果待ちを経て認可を頂きました。また、学生ビザからマスター取得後、一年のOPT期間中にこれら準備しましたので米国内に居ながらO-1へのステータス変更を行いました。この先、日本と米国を行き来する可能性があるのでスムーズに再入国ができるよう、この度帰国してビザスタンプを取得することにしました。

指定の申請書類や写真等と、実際に移民局へ提出した書類一式(各種証明書、プレス記事、出版物、推薦状、受賞の証明証、作品集など)をコピーしたものを『補足資料』として持参しました。

8:30に面接予約のところ、7:50くらいに大使館到着、だいたい8時には中へ入ることが出来ました。20人ほどの方がいらしたと思います。

受付を済ませ、申請書類を提出、その際、「指定の書類以外に何か持ってきているか。」と聞かれましたので補足書類を丸ごと提出し、係の方はそちらを全てひとまとめにして奥へ持っていかれ、再び番号で呼び出されるのを待ちました。ここからはビザの種類によって順番が前後するのだと思われます。私の場合、書類が多かったこともあってか、後から来た方々が次々と呼ばれている中、辛抱強く待ちました。

だいたい8:50ほどに次の窓口へ呼ばれ、指紋を採取され、先ほどの書類全てを返却され「面接用の窓口へお並びください」と伝えられました。

いざ面接では、いたって普通の質問をいくつかされました。「何をして生活されていますか?」「どこの会社に勤務していますか?」「有名な賞など受賞していますか?」「最近やったプロジェクトについて教えてください。」「学位は何をお持ちですか?」という順番でした。いずれも端的に一言二言返答しました。その後、「ビザは承認されました、郵送でパスポートを返却します。」と言われ、無事に取得が出来ました。

水曜日に面接をし、本日金曜日の午前中には到着しています。

企業の社員であれば雇用やプロジェクトの証明が比較的容易でしたので、特に難しい質問をされるということはありませんでした。スムーズに取得できホッとしました。(2017/1/15(日)19:15)
Jビザ(初回)3d
a


f
(2016/9/8(木)1:41)
AnestKHビザ(初回)1初H1Bビザを入手しましたので、経過をシェアいたします。
大学も職場もずっと日本で、アメリカでの勤務経験はなく、今回はアメリカ国外からビザを申請し、東京のアメリカ大使館でビザスタンプを取得しました。
2016年
4月13日、アメリカの雇用先よりPetitionをUSCIS(California)へ郵送提出(Cap Exempt)
4月15日、Receipt Numberをemailにて送付され、オンラインで進行状況を確認できるようになる(https://egov.uscis.gov/casestatus/landing.do)
4月25日、オンラインでCase Approvedと確認
4月28日、I-797B原本は雇用先に届き、スキャンしたコピーをemailにて送られる。アメリカ大使館ホームページからビザスタンプ申請(DS-160記入、申請料金支払い、面接予約)
5月2日、I-797B原本は手元に届く(DHL)
5月3日、東京のアメリカ大使館でビザ面接、当日にCEACの進行状況はAdministrative Processingに変わる
5月4日、CEACはIssuedに変わり、パスポート追跡は「大使館にあります」と
5月5日、パスポート追跡は「発送手続き中」→「配送中」と変わる
5月6日、昼過ぎにパスポートとビザは手元に届く
申請書類受理からビザが届くまでちょうど3週間で、おそらく抽選の必要がないCap Exemptと、Premium Processingが良かったです。そしてオンラインで常に進行状況確認・追跡ができることがストレスフリーでした。(2016/5/7(土)17:51)
Hビザ初申請Hビザ(初回)11いつも参考させていただき、私も無事受取りましたので経験談を共有いたします。

1/26 (火) 朝一番の予約だったが、結構待たされ面接窓口に辿りついたのは1時間強後。面接自体は勤務先や卒業校など簡単な内容で5分程。同伴した妻への質問なし。最後に「1週間でパスポートを送ります」と言われ終了。

2/3(水)1週間経っても届かず、Web上のパスポート番号追跡は「パスポートは大使館・領事館にあります」のまま。 CEAC追跡は「Ready」。コールセンターに問合せたところ「面接官の「1週間」はあくまで目安です。審査中のため、まだ1週間程かかります。」とこと。タイミングよく(!?)その日のうちにCEACが「Administrative Processing」に変わる。

2/5 (金) パスポート番号追跡が「パスポートは発送のため、大使館・領事館から持ち出され、発送手続き中ですに変わる。 CEAC追跡では「Issued」。

2/6(土)夕方に受取り。(我が地区では通常午前7-9時にレターパックプラスが配送されますが、今回は例外でした。郵便局の方は大使館からの郵便問合せにも慣れているようだったので、配慮してくれているのかもしれません。)

以前Jビザを申請した際には2日後に届いたので、今回はかなり待たされた感はありますが、公式HPの記載通り1週間から2週間だと思っていた方がよいなぁと思いました。
これから申請される方、待たされている方の安心材料になれば幸いです。


(2016/2/7(日)18:05)
J1更新Jビザ(更新)8郵送での申請も可能でしたが、面接を選択しました。12/30に面接を受け、1/7にビザ付きパスポートが返却されました。面接日は、午前10時の予約でしたが、混雑しており、大使館を出たのは午後1時頃でした。質問は研究の進捗を聞かれた程度で、初回申請時よりも簡単でした。(2016/1/7(木)11:16)
CICIHビザ(更新)1012月の冬休みを利用してH1B更新分のビザスタンプを取得しました。
色々調べていてる時によくこの掲示板に行きついたので自分の経験談も
記載したいと思います。長文・駄文すみません。

12月20日
帰国。

12月21日
郵送で申請。

12月22日
大使館から面接予約が必要な旨のメールが届く。
一番早くて空いていた1月6日の面接を予約。

--
メールには郵送申請の資格がないので、面接に来てくださいとしか
書いてありませんでした。結局はビザが切れてから12ヶ月以上
経っていた為でした。大使館のホームページにも書いてありました…。

念の為、何か追加書類とか必要じゃないかコールセンターに問い合わせて
みた所、特に何も必要ないとのこと。年末は休館日が多いのでどのくらい
処理に掛かるのか等質問していたら、緊急リクエストしてみては?と
薦められました。緊急リクエストが承認されるかは別部署が審査をするので、全くどうなるか分からないが今予約されている面接(1月6日)には全く
影響がないとのことだったので、だめもとで緊急リクエストをしてみました。

緊急性を証明する書類等は一切添付しませんでした。
コメント欄には正直に、会社の始業日までになるたけ帰国したいので、
可能でしたらもうちょっと早い面接日を希望します。的なことだけ
書きました。
--

12月28日
緊急面接が承認された旨のメールが届く。
申請HPの面接予約にアクセスし12月30日の面接を予約。


12月30日
中に入ってから面接まで1時間程待ちました。
面接官からは、今も同じオフィスですか?と聞かれたのみで、
来週中にビザが届くと思います、と言われ終了でした。

12月31日〜1月3日
大使館休館の為、何の動きもちろんありませんでした。

1月4日
CEACの方がISSUEDになってました。

1月5日
パスポート追跡のステータスが発送準備中になりました。

1月6日
パスポート到着

トラッキングナンバーがEメールで連絡される
と記載がありますが、トラッキングナンバーの連絡は全く来ませんでした。
コールセンターに電話で問い合わせるのが一番良いかもしれません。

ちなみに、今回何回かコールセンターに電話しましたが、
日本語を選択しても、ほぼ必ず片言の方が出ます。
ひどい人だと日本語があまり通じないこともありますのでご注意を。

現在、グリーンカードの申請も行っている所なので、
今回のビザ更新に何か影響がないかコールセンターに問い合わせたことが
あるのですが、「現在持っているH1B(非移民ビザ)とグリーンカード(移民)
の目的が相反するので、ビザスタンプは恐らくもらえないですよ」と
言われました。もちろんこれは誤情報です。公式なコールセンターでは
ありますが、出る人によってはこういった誤情報を伝えてくる方もいるかも
しれません…。当たり前ですが、自分でもきちんと調べた方がよいです。

年末の帰国の際にビザ申請や更新を行う方も多いと思いますが、
年末はとにかく大使館の休館日が多いので、お気をつけください。

(2016/1/6(水)18:06)
ぽたろうJビザ(更新)4レアケースだと思うので投稿します。2015年10月、J1更新で東京面接。必要な書類は補足書類も含めてほぼすべて準備。大使館に入館後、到着時間が早いので入り口付近で30分ほど待つ。2年前は予約時間の1時間以上前に到着してもすぐに面接できたのだが。パスポート、面接予約確認書、DS160確認ページ、DS2019、SEVIS領収書、婚姻証明(英語版)を提出し面接を待つ。面接は子連れということもあり、30分ほどで順番が来た。大学で何をするのか、どんな研究をするのかを英語で聞かれた程度。最後に、1週間ほどで届くと言われ終了。4日後に自分と子供の分のVISA付きパスポートが到着。しかし、なぜか妻の分が一緒に届かず。さらに4日後、妻の分が届き安心。妻のパスポートは米国大使館に集荷されたとメールで連絡が入り、tracking numberで状況を確認することはできたが届くまでは不安。妻の分がなぜ遅延したのかは不明。補足書類などは面接時に言われたら提出しようと思っていたが、今思えば揃えた書類はすべて一緒に提出しておくべきであった。異常な事態があるとあれこれと考えてしまうので。逆に言えば、財務証明、大学教授からのレターなど提出せずとも大丈夫だったということ。(2015/10/19(月)13:04)
ryojiJビザ(初回)3政府承認プログラムのJ1で、費用免除で、面接予約必要なしの月曜日午後枠で行きました。
よくわからなくて、この枠ではレターパックが必要かどうか、前日に大使館に質問メールしたら必要ですとのことで用意して行きました。
14時〜受付で5分前に到着したら5名ほど並んでました。
その後、30分近く寒空の下で延々と待ち、冷え切ったところで入念なセキュリティーチェックを受けたあと、やっとビザ面接の建物内へ。
中では何の用事ですかー?と日本のスタッフさんが聞いてくれて、ビザです、というと、書類持って◯番窓口へ、というのでそのまま窓口へ。
受付番号をもらいまたしばし待つと、別の窓口から面接に呼ばれ簡単な質問のやりとり。
その後指紋をとって、完了、並んでから大使館の外に出るまで1時間20分でした。
1週間でと言われたビザは面接の翌々日に朝イチで届きました。(2015/2/4(水)20:47)
proteinHビザ(初回)7最近変更になった荷物持ち込みの制限に関して投稿します。
最寄りの溜池山王駅のコインロッカーの数が限られていたため、
四ツ谷で荷物を預けてから溜池山王まで向かいました。

私達は妻と子の3人での面接でしたが、
携帯電話は家族で一つのみにし、
私はクリアファイルのみ、子と妻が小さいかばんを一つずつ持ち込めました。
ポケットは空に、財布はかばんに入れるように求められました。
子供用の漫画の持ち込みが許されたのは助かりました。

リュックサックを背負った3人家族の方は建物に入る直前のチェックで引っかかり、
ロッカーに戻って荷物を減らすように、無慈悲に告げられていました。
一方で、手提げカバンであれば指定のサイズより若干大きくても許されていたようでした。
ただし、混雑具合でも変わってくると思いますので、やはりできるだけルールに従うことをおすすめします。(2014/9/11(木)5:13)
trackittHビザ(更新)6H1bの更新延長のため申請を行いました。

まずは昨年の話から。
オンライン予約の際、聞かれる質問にきちんと答えたら自動的に郵送になりました。
過去のビザの問題もあり不安ながらも郵送申請を行うと
案の定、週末を挟んだ約5日後に大使館より下記内容でメールが届きました。
貴方のケースは面接が必要となりました。予約なしで大使館業務時間内でお越しください。
翌日大使館に出掛け面接は無事終了。
その際、担当者の方にアメリカに戻る日程が迫っていますので、できれば早めにパスポートの返却を願います、と伝言。結果3日後にパスポート受領。
長めの2週間のお休みが取れたのでよかったですが、もしこれが10日だったらと思うと冷や汗が出ます。

そしてその経験を持って今年の更新に挑みました。

昨年のカスタマーセンター担当者の言葉通り、質問に回答して面接に変更。
こちらを水曜に出て、金曜日の面接を取得するというぎりぎりの選択。
出発時に台風接近でこれまた冷や汗。何とか台風はそれて木曜の夕方到着。翌日の朝に向け書類の確認を行い面接へ。
当日早目に到着。地下鉄の駅のコインロッカーで携帯などの電子機器を預けて大使館に。朝一にもかかわらず行列が出来ており、その最後尾にならぶ。開門時間まで少々待機。開門後書類を渡して面接室のイスで名前が呼ばれるのを待つ。
およそ15分ぐらいで4,5人の集団で呼ばれる。(これまでは一人で呼ばれることが多かったので不思議に思う。)
業務内容を聞かれ面接終了。9時過ぎには建物の外へ。

結果として、これまでで最速の面接でした。
週を挟んで木曜日にパスポート受領。
ビザの事で不安がある方は面接の方が良いかもしれません。

(2014/9/4(木)6:18)
ioriJビザ(初回)35月中旬に米国へ行くことが決定し申請書類を準備開始。
6月中旬にCVへ書類提出。
7月上旬にCVとSkypeで面接。その直後にDS-7002が発行された。
7月中旬にCVからDS-2019が発行された。すぐにDS-160を電子申請して大使館を予約。8/5だけたまたま空いていた(その他はすべて埋まっていた)。
8/5 8:15のアポだったので8:00に大使館に行ったら既に20人ほど並んでいた。日除けがなくて暑いので日傘とかあるといいかも。荷物検査に引っかかる人がちらほらいるので注意。面接して1週間ほどで届くと言われ、10:00には帰路についていた。溜池山王駅のコインロッカーに荷物を預けていたが帰りに荷物出すときには既に埋まっていた。時間によっては注意が必要。(2014/8/18(月)6:54)
SAHビザ(初回)3J1からH1Bに切り替わって初めてのビザ申請。面接の1ヵ月半前にDS-160を準備したが、1ヶ月以上先の面接可能日がオープンになっておらず、結局、面接予約したのは1ヶ月前になってからだった。

朝8時30分の予約で当日は大使館に8時10分くらいに着いた。すでに門が開いていて、先に並んでいた人たちがセキュリティチェックを通って中に入っているところだった。そのため、ほとんど並ばずセキュリティを抜けることができた。大使館の中に入ると30人くらいが椅子に座っていた。

8時30分ちょっと過ぎくらいに窓口が開いて最初の人が指紋採取に呼ばれた。私は15〜20分くらい待たされて指紋採取に呼ばれた。以前は指紋を撮った後、面接までまた少し待たされた記憶があるが、今回は指紋を撮った人から順番に面接窓口の方に並び、指紋採取の後はほとんど待たされることなく面接を受けれるようになっていた。面接で聞かれたことは、「具体的にどんな研究をしているか」、「出身大学・大学院はどこか」、「今住んでいる町をどう思うか」の3つ(英語)。面接官はとても愛想のいいおばさんで、面接というか世間話みたいな感じだった。ビザは1週間くらいで届くと言われたが、3日で届いた(火曜の朝に面接、その週の金曜に届いた)。思った以上に早かった。(2014/5/10(土)14:00)
れっどそっくすその他3J1、J2ビザの申請です.以前,J1,J2で申請したことがあり,今回は(更新ではなく)2度目の新規申請になりました.

まず先方よりDS-2019を取得,その際「今回2度目のJ1申請であること」を伝えました.DS到着後オンラインでDS-160作成.ビザ申請代金,SEVIS代金もクレジットカードで支払いを完了しました.

7月上旬 すぐにでも面接予約を取りたいと思ったのですが,最速でも8月中旬のお盆シーズンでした.なので8月13日午前8時30分に自分と妻の2人分の面接予約をしました.当日は午前8時すぎに大使館に到着.すでに30名程度の方が並んでいました.セキュリティーチェック,書類のチェックを受け、建物の中に入るまでの待ち時間は1時間程度でした.待合室では,最初に名前(番号)を呼ばれるまで30分程度かかりました。

記載されている書類以外では
・現所属先からの給料証明(英語で作成したもの)
・婚姻の証明として戸籍謄本(原本,英語訳は作成していきませんでしが特に何もいわれませんでした)

面接の内容は以下の通りでした.


最初左の窓口で番号を呼ばれ,指紋採取後,1枚の紙をもらい待っている間に目を通すように言われました.その後右端付近の窓口に呼ばれ(英語で)
・どこの都市(研究機関)に行くのか?
と聞かれました.今回のビザに関する質問はそれだけで,さらに
・以前のJ1ビザのときはアメリカのどこに行っていたのか?
・何をしに行っていたのか?
等,以前のビザについて質問を受けました.
最後に「子供はいるのか?」と聞かれました.
オフィサーとの面接自体は5分程度で終わりました.

面接を受けてからわずか3日後の8月16日にビザが配達されました.(2013/8/22(木)8:30)
のっちHビザ(初回)73/下旬 現地会社よりOffer Letterを取得
3/下旬 ビザ取得のためのプロセスを開始。移民弁護事務所のHPまたはメールで必要な情報を提出
4/上旬 雇用先弁護事務所よりI-129請願書をUSCISに申請
4/中旬 H-1B Capによる抽選結果発表
5/上旬 H-B許可通知(受領番号は受付番号EAC/WACと同じでした)
6/中旬 I-797B電子データによるコピー受領
6/下旬 I-797B原本をFedExで受領
6/下旬 オンラインでDS-160を作成(家族分が必要)
6/下旬 オンラインで面接手数料をクレジットカードにて支払い(家族分が必要。受領番号は全員同じ)
6/下旬 オンラインで面接予約。ちなみに不明な点は面接予約ページからUS Visa Service Deskにどんどん質問してください。私の場合12時間以内に必ず返信がありました。サービスデスクの方々に非常に親切かつ的確に回答してもらいました。
7/上旬 東京米国大使館にて面接。提出書類は、面接予約確認書、DS-160確認ページ、Offer Letter、I-129B、LCA、I-797B、英訳学位証明書、英訳成績証明書、最新の戸籍謄本とそれを自前で英訳したもの。質問内容は2つ。どこの場所で働くのか、今どこの会社で働いているのか。家族に対する質問などは一切なし。オンラインシステムの調子がよくないのか、面接は1分で終わったが、許可の紙をもらうのに5分ほど待たされた。対応してくれた領事は、たいへん無愛想でした。
7/中旬 1週間後に3通のレターパックプラスでパスポートと、797B原本を含む提出物を受領。


(2013/7/24(水)15:08)
デイジーJビザ(更新)3J1、J2ビザの更新(1回目)です。

ゴールデンウィーク明けの、2013年5月7日(火)午前10時に自分と妻の2人で面接の予約。午前9時過ぎに大使館に到着。セキュリティーチェック、書類のチェックを受け、建物の中に入るまでは非常にスムーズでした。かかった時間は10〜15分くらいだったでしょうか。しかし、待合室に行くと、待ってる人がけっこういました。結局、最初に名前(番号)を呼ばれるまで、1時間以上かかりました。

大使館のウェブサイトに記載されている必要書類以外に、以下2点の書類を用意。

1)米国の所属大学のインターナショナルオフィスからもらったレター
(自分がJプログラムの参加者として大学に正式に受け入れられていることを証明すると共に、ビザ更新のための関係者のサポートを要請する内容)

2)米国の所属大学の、自分が所属するデパートメントのオフィスからもらったレター
(現在きちんと雇用されており、給料が支払われていることを証明する内容)

面接の内容は以下の通り。

1)最初、一番左端の窓口に呼ばれました。日本人の係官から、ビザ取得者の権利(?)が説明されている1枚の紙をもらい、待ってる間に目を通しておいてくださいと言われました。

2)しばらく待ってから、次に、真ん中あたりの窓口に呼ばれ、指紋を採取されました。

3)それからまただいぶ待った後、最後に、真ん中あたりの窓口に呼ばれました。オフィサーから、英語で会話しても大丈夫かと聞かれ、大丈夫と答えました。その後の会話はすべて英語で行われました。オフィサーからの質問は、米国のどこに行くのか、その街が気に入ってるか、何を研究するのか、ポスドクとして研究に従事しているのか、あとどれくらいの期間米国に滞在する予定か、など、特に難しいものではありませんでした。

3)のオフィサーとの面接自体は10分ほどで終わり、例によって「あなたのビザ申請は許可されました」と書かれた紙を渡されました。大使館の中に入るまでは早かったのですが、その後の待ち時間が長かったです。結局、すべて終わって大使館の外に出たのは、お昼の12時頃でした。

面接を受けてからわずか3日後の5月10日(金)にビザが配達されてきました。
(2013/5/28(火)5:04)
KTAHビザ(更新)6H1Bの更新です.2012年9月に滞在延長が認められ,その後の初帰国のため,今回のビザ更新となりました.郵送によるビザ更新では日数が読みにくいため,面接を選択しました.

DS-160入力の際,素直に回答していくと,ビザ更新の場合は郵送手続きになってしまいます.郵送手続きをキャンセルして面接予約を取り直すために,電話相談を利用しました.

面接は2013/01/17(木)の8:45枠で予約(2012年11月はじめにこの枠が予約可能になった).夫婦二人分を同じ時間枠で予約しました.当日は8:30頃にセキュリティチェックの列に並びました.セキュリティを通過後,建物の入り口で簡単な書類チェックを受け,その後,1番窓口で再度書類のチェックがありました.面接には4組が同時に呼ばれました.質問は,「仕事の内容」,「何年アメリカに住んでいるか」と「子供の有無」でした.「子供はいない」と答えたところ,「なぜ?」と聞かれ回答に困りました...最後に面接の結果を知らされて終了です.面接時間は3分ほどでした.8:30に大使館入り口の列に並び,10:00にはすべてを終え,大使館の外に出ていました.

初回のH1Bビザ取得時に指紋をとられているためか,今回(更新時)には指紋採取はありませんでした.

提出書類は,
 パスポート,DS-160確認ページ,写真,I-797(原本),I-129,
 雇用証明,最近1年分の給与明細,米国内で勤務したすべての
 年の連邦納税証明(W-2と Form 1040),履歴書,面接確認書
その他,細かいものは,職場が準備してくれたI-129関連の書類一式
の中にありました.同時申請のため,妻の分として特別に準備した書類は,婚姻証明書(戸籍謄本に,自作翻訳文を添付)くらいです.

待ち時間中に他の方々の面接の様子を見ていると,面接でいろいろと聞かれている人は,一人ずつ窓口に呼ばれているように見えました.数人まとめて呼ばれた場合は,少し安心してよいかもしれません.

面接後にビザ発効の状況(郵送状況)を確認しようとしましたが,HPからはできず,もっぱらメールの自動回答サービスを利用しました.
1/18 Your passport is still with post.
1/20 Your passport is still with post.
1/21 Your passport is still with post.
1/22 The current status of your passport is Transit From Post.
1/23 夫婦二人分が,別々のレターパックで,同時に到着.
といった経過でした.提出した書類は,DS-160確認ページと写真以外は,そのまま返却されました.

今回は休暇を多めに取り,面接の2週間後にアメリカに再入国するスケジュールにしておきました.1週間ではギリギリ,最低でも10日間は欲しいところです.

以上,これからビザ申請をされる方の参考になれば幸いです.





(2013/2/2(土)8:56)
coco louisHビザ(更新)6H1Bの更新のApprovalをアメリカ国内で受け取り、11月後半に日本へ一時帰国し、東京で面接を受けてきました。

面接を予約は11/20の朝9時に取り、当日8時くらいには大使館に到着しました。既に並んでいる人がいました。セキュリティチェックなど全て済ませ面接会場に入ったのは8時30分位。そこからまず指紋を取れれるまでに待った時間はおよそ40分程。(整理券が最初に配布されますが、番号順に呼ばれません。)指紋を取り終わってから10分以内に4人ほどまとめて呼ばれ面接が開始されました。

質問内容は仕事のタイトルと、今回のH1Bは更新で間違いないかの2つのみの質問で、ビザが発給されました。

11月の3週目はアメリカ感謝際の為アメリカ大使館も休館なので注意が必要です。
私の場合調べた所、大使館がオープンした次の週月曜日26日にビザが郵送され、27日に自宅へ届きました。通常10日以内でビザは発給されているかと思いますが、面接からビザ発給までの間、大使館の休刊日にあたる場合、一時帰国してビザ面接を受けるかた帰国日には余裕を持ったほうがよいと思います。(2013/1/10(木)9:24)
OLD 

ゆいぼーと(Free)
Fvote v2.04 arranged byFalcon World