2018.10.18

シンシナティ小児病院 ポスドク募集

シンシナティ小児病院 生殖科学部門のTony De Falco labでは新規グラント獲得に伴い、ポスドクを1名募集しています。生殖組織の適切な形成・機能獲得には、生殖系列細胞だけでなく、それを取り巻く周辺環境が重要であると考えられています。De Falco Labでは主にマウスモデルを使用し、免疫系細胞や血管、あるいは環境因子が生殖組織発達・妊孕性に及ぼす影響について研究を行なっています。
 
Website: http://www.cincinnatichildrens.org/research/divisions/r/reproductive-sciences/labs/defalco/default/

発生生物学あるいは生殖生物学の専門性を有した博士号取得者 (見込含)であり、分子生物学的手法を用いて研究を遂行できる方を募集します。マウスモデルやFlow Cytometryの手技があればさらに望ましいですが、必須ではありません。条件が合えば即雇用可能です。

当研究施設はオハイオ州シンシナティに所在し、大都市部と比べ物価が安く暮らしやすい場所です。日本人研究者のコミュニティも存在し、特に生殖科学部門では複数の日本人PI、ポスドクが勤務しています。また、研究室主宰者であるDr. De Falco自身も日本での研究経験があり、日本人にフレンドリーな環境です。
応募者の方は、過去の研究略歴と将来の研究の展望、履歴書(curriculum vitae)、推薦者3名の氏名・連絡先を添えて Dr. De Falco (Tony.DeFalco@cchmc.org) まで直接ご連絡ください。

投稿者 (藍川:shizu.aikawa@cchmc.org )はDr. De Falcoと同じ生殖科学部門の別研究室に所属しております。応募前に何か質問がありましたら、私まで日本語でお問い合わせいただいて構いません。


Description:
 
A postdoctoral fellow position is immediately available in the De Falco laboratory in the Divisions of Reproductive Sciences and Developmental Biology at Cincinnati Children’s Hospital Medical Center. Our research interests are in how the reproductive system is formed during fetal life and how fertility is maintained during adulthood, with focuses on the roles of: macrophages and immune cells; vasculature; and environmental effects of endocrine-disrupting compounds. These projects will involve extensive use of mouse genetic models, organ culture, flow cytometry, confocal microscopy, next-generation sequencing, and time-lapse live imaging techniques.
 
Cincinnati Children’s Hospital Medical Center is one of the premier research hospitals in the world, currently ranked #3 in the United States for research funding. It is located in Cincinnati, Ohio, a culturally diverse city with a metropolitan feel and access to big-city activities, but with small-town charm. There is a large Japanese community within the institute, with many Japanese professors and postdoctoral fellows in the Division of Reproductive Sciences.
 
Requirements:
 
The ideal candidate will possess a Ph.D. in developmental biology, reproductive biology, or a related field, with proven proficiency in cell biological/molecular techniques and publications in those fields. Experience with mouse model systems and flow cytometry is highly desired but not absolutely required.
 
Please submit your application to Dr. De Falco with the following information: A cover letter containing a statement of interest, CV, and contact details for 3 referees.
 
Contact: Tony De Falco, Ph.D.                    
E-mail Address: Tony.DeFalco@cchmc.org
 
References:
 
Kumar and DeFalco, 2018. A perivascular niche for multipotent progenitors in the fetal testis. Nature Communications. In press.
 
Lin et al., 2017.  Numb regulates somatic cell lineage commitment during early gonadogenesis in mice. Development. 144(9):1607-1618.
 
Sun et al., 2017. Extragonadal oocytes residing in the mouse ovarian hilum contribute to fertility. Biology of Reproduction. 96(5):1060-1070.
 
DeFalco et al., 2015. Macrophages Contribute to the Spermatogonial Niche in the Adult Testis. Cell Reports. 12(7):1107-19.
 
DeFalco et al., 2014. Yolk-sac-derived macrophages regulate fetal testis vascularization and morphogenesis. PNAS. 111(23):E2384-93.

投稿者:藍川志津(shizu.aikawa@cchmc.org)

2018.10.17

CPP2018 San Francisco 開催のお知らせ

========================
  CPP2018 San Francisco 開催のお知らせ
       (http://cppweb.jp)
  キャリアプランニングプログラム2018
        サンフランシスコ
========================
【ご注意下さい】例年と異なり、今年はサンフランシスコ開催です。

大学院生、ポスドク、研究者のためのキャリアフェア・CPPを以下のようにサンフランシスコにて開催します。多数のご参加をお待ちしています。

【日時】11月8日(木)〜11月10日(土)
【場所】International Hotel Center(サンフランシスコ、米国)他
【主催】CPP, LLC. (合同会社シーピーピー)

【キャリアワークショップ】「選ばれる博士になるには?」
博士こそ、様々な場面で選ばれなくては、自分の力を発揮できません。その選ばれ方を皆で検討し、学び合います。
 11月8日(木) 午前10時〜 第1部、第2部(午後5時まで)
 11月8日(木) 午後 6時〜 交流会(8時まで)
 11月9日(金) 午前10時〜 第3部

【ジョブフェア】博士にとって会社で働くとは何か。博士だからこそできることがたくさんあることを知って欲しいと思います。
 11月8日(木) 午後6時〜 交流会
 11月9日(金) 午後1時〜 会社説明会
 11月9日(金) 午後4時〜 個別面談
 11月10日(土) 午前9時〜 面接(正午まで)

【参加企業】大塚製薬、ペルセウスプロテオミクス、バリノス、IQVIA、他

【参加方法】参加は交流会(実費)を除き、無料です。

【 U R L 】http://cppweb.jp

【注意事項】今年から少しプログラムを変更しました。参加企業はまだまだ増えていく予定です。随時アップしていきますので、ウェブサイトで定期的にご確認ください。

■CPPとは?
日本では博士号を取得した若い人が将来アカデミアで仕事に就ける割合が1割という時代になりました。そのために博士号取得者の人生設計は、従来のモデルに頼った方法では難しくなってきています。CPPは、日本で就職したいと考えている研究者皆さんのキャリア支援活動をしています。このプログラムに参加すると、日頃忙しくてしているために疎かにしがちな自分自身のキャリアデザインに対して、どのように考えたらよいのか、そしてこれから何をしたらよいのかを把握することができます。
 2005年からスタートしたこのプログラムはこれまで2,000人以上が参加し、プログラム内で開催されるジョブフェアでもこれまで300人以上の研究者が日本の民間企業に就職を決めています。また、このプログラムを出発点として様々なフィールドへと社会進出していく研究者も少なくありません。一人でも多くの大学院生、ポスドクをはじめとする研究者の方々がCPPに参加して、次の時代を生きる研究者としてさらに大きく活躍してほしいと願っています。

投稿者:CPP, LLC

2018.10.15

Duke University School of Medicineポスドク募集

Department of Cell Biology, Duke University School of Medicine の Tata Lab では現在 2 名の博士研究員を募集しています。当研究室では様々な single-cell sequencing 技術や細胞系譜追跡マウスモデルを駆使した呼吸器幹細胞に関する研究、ならびに腫瘍形成モデルマウスを用いた各種肺がん研究等を進めています。勤務地はリサーチトライアングルエリアに位置し、同エリア内の University of North Carolina チャペルヒル校の Lung institute と連携することで human samples が高頻度で入手可能な環境にあるため、ヒトの呼吸器疾患研究に携わることも可能です。研究主宰者 Purushothama Rao Tata はコラボレーション研究にも力を入れており、デューク大学内外との共同研究への積極的参加が可能です。生活費は大都市部に比べると低く抑えられ、家族での渡米に際しても金銭面での負荷は限定的です。来年度より私を含めて在籍日本人ポスドクが計3人となる予定で、渡米直後の生活面でのアドバイス/サポートも可能です。興味のある方は purushothamarao.tata@duke.edu にご応募ください。インフォメーションについては日本語または英語で yoshi.kobayashi@duke.edu に送っていただいても構いません。

Postdoctoral research fellow positions:

The Tata lab at the Department of Cell Biology, Duke University School of Medicine has two openings for postdoctoral researchers to study cellular plasticity mechanisms in lung injury repair and tumorigenesis. We seek to understand the genetic and epigenetic basis of organ regeneration and tumorigenesis. We study the properties of stem/progenitor cells in diverse epithelial tissues (with a primary focus on lung) and their relationships with neighboring tissues in pathophysiological conditions. We utilize genetic, live imaging, cell biological and next generation sequencing technologies to study the behavior of tissues at single cell level. We offer an inspiring intellectual, collaborative and multidisciplinary research environment to support your career goals and provide access to state-of-the-art facilities. Candidates with back ground knowledge and hands-on experience in transcriptional regulation and bioinformatics skills are particularly welcome.


Requirements

- A PhD or MD/PhD (or equivalent) in biological sciences (biology, biochemistry, cell biology or a related field).
- Strong research background in transcriptional regulation, cell biology, molecular biology, mouse models of cancer, and/or biochemistry. Prior experience in stem cells, chromatin biology and bioinformatics is advantageous.
- Evidence of successful completion of a research project (publications)
- An ability to work independently; interpret, present and discuss experimental data
- Excellent communications skills
To apply, please submit a cover letter (less than a page) that includes a short summary of interests, a CV, and the contact information of 3 professional references to Dr. Purushothama Rao Tata (purushothamarao.tata@duke.edu). Applications will be reviewed until positions are filled. The positions are available immediately.


Relevant literatures:

1. Tata P.R. et al., Nature, 2013
2. Pardo. A*, Tata P.R.* et al., Nature, 2015
3. Tata A. et al., Cell Stem Cell, 2018
4. Tata P.R. et al., Developmental Cell, 2018


投稿者:小林 芳彦(yoshi.kobayashi@duke.edu)

2018.10.08

Burke Neurological Institute / Cornell Medical School (in New York) ポスドク募集

Burke Neurological Institute / Cornell Medical School、吉田研究室はポスドク研究員を募集しています。当研究室では、分子生物学、マウス遺伝学、電気生理学、optogenetics、行動解析などを用いて、運動系の神経回路の研究を進めています。

参考文献)
1) Ueno et al., Cell Reports (2018), 23, 1286-1300.
2) Yoshida and Isa, Current Opinion in Neurobiology (2018), 52, 25-32.
3) Gu et al., Science (2017), 357, 400-404.
4) Gu et al., Neuron (2017), 94, 626-641.
5) Ueno et al., Nature Neuroscience (2016), 19, 784-787.
6) Imai et al., Journal of Neuroscience (2016), 36, 5724-5735.
7) Imai et al., Cell Reports (2016), 17, 2163-2172.
8) Fukuhara et al., Cell Reports (2013), 5, 748-758.
9) Katayama et al., Development (2013), 140, 3139-3145.
10) Katayama et al., Journal of Neuroscience (2012), 32, 10396-10407.
11) Leslie et al., Development (2011), 138, 4085-4095.
12) Katayama et al., PNAS (2011), 108, 7607-7612.
13) Pecho-Vrieseling et al., Nature (2009), 459, 842-846.
14) Yoshida et al., Neuron (2006), 52, 775-788.
15) Gu et al., Science (2005), 307, 265-268.

勤務地:
Burke Neurological Institute / Cornell Medical School
785 Mamaroneck Ave, White Plains, NY 10605
(White Plainsは、マンハッタンのGrand Central駅から電車で30〜40分のところにあります。)

応募書類:
履歴書、業績リスト、3人の照会先をe-mailにて下記メールアドレスまで送付下さい。

問い合わせ:
Yutaka Yoshida, PhD
Neural Connectivity Development in Physiology and Disease Laboratory
Burke Neurological Institute / Cornell Medical School
e-mail: yoy4001@med.cornell.edu
https://burke.weill.cornell.edu/yoshida-lab/people/yutaka-yoshida-phd

投稿者:Yutaka Yoshida(yoy4001@med.cornell.edu)

2018.10.06

Cedars-Sinai Medical Center研究員募集

カルフォルニア州ロサンゼルス、Cedars-Sinai Medical Center, Yamashita Labでは意欲のある研究員をそれぞれ1名ずつ募集しています。
1.細胞や動物モデル、そしてヒトの腎生検組織を用いた糸球体腎炎の基礎研究
2.豊富な腎生検および臨床データを用いた臨床研究
1. 糸球体腎炎の発病メカニズム、特にマクロファージや好中球の半月体形成性糸球体腎炎における役割について、cell culture, animal model, そしてヒトの腎生検組織を用いて調べています。
また、これに加えて、糸球体内皮細胞特異的な分子の同定、matrix metalloproteinaseそしてACEのRAS非依存的な腎炎への影響についても調べています。
参考文献:
Constitutively Bound EGFR-Mediated Tyrosine Phosphorylation of TLR9 Is Required for Its Ability To Signal. J Immunol. 2018; 200(8):2809-2818.
Renal tubular ACE-mediated tubular injury is the major contributor to microalbuminuria in early diabetic nephropathy. Am J Physiol Renal Physiol. 2018; 314(4):F531-F542.
Epidermal growth factor receptor is essential for Toll-like receptor 3 signaling. Sci Signal. 2012 Jul 17; 5(233):ra50.
Antiviral innate immunity disturbs podocyte cell function. J Innate Immun. 2013; 5(3):231-41.
非常にsupportiveなCollaborator達(Drs. Moshe Arditi, Kenneth Bernstein, Sanjeev Kumar, and Ananth Karumanchi) に囲まれて、ラボを運営しております。面白い数々のTransgenic/Knock-out miceや機材、試薬も揃っており、非常に恵まれた環境です。私達のグループには現在25人が働いており、私も含めて6人の日本人研究者が在籍しています。みなさんとても協力的で環境の変化にも適応しやすいかと思います。
2. 豊富な腎生検のデータ(30年間でおよそ6万件)や臨床データを用いて、臨床研究を行っています。全体の内、85%が自己腎(Native Kidney)で15%が移植腎(Transplant Kidney)です。小児の症例も年間200例程あります。Transplant Centerでは腎移植自体も活発に行われており、年間200例ほど行われています。腎移植外来患者数は3,000人(年間の外来患者来院数8,000)で臨床情報はすべてそろってます。これだけ大きなデータがあれば、腎生検/腎病理に関係することであれば、臨床上の些細な疑問も含めてすべてプロジェクトになり、比較的簡単に論文化(少なくとも年3-4本)されると思います。今年の7月に1人腎臓内科医が加わりましたが、今年のASNでポスター発表 (Thymic disease-associated nephropathy: a report of 21 cases from a single institution) します。
Cedars-Sinai Medical Centerはビバリーヒルズにある、およそ900床の病院でそれに併設している研究所では活発にtranslational researchが行われております。ロサンゼルスは気候もよく、日本の食材も簡単に手に入り、また日本人も多いため、他の州に比べて非常に快適な生活が送れると思います。私が所属するRenal Pathologyは腎生検標本年間3600例を有し、私も含め5人のrenal pathologistsが所属しています。腎病理の症例数では、全米第3位、アメリカ西海岸では第1位となっています。2017年11月よりMGHのNephrologyのトップであったDr. Ravi ThadhaniとBeth Israel HospitalのDr. Ananth Karumanchi(両者ともHarvardのProfessor)がCedars-Sinaiに移ってきており、共同研究を行っています。腎臓研究はますます活発になってきています。
https://www.cedars-sinai.edu/Bios---Physician/Pathology-Bios/Michifumi-Yamashita-MD-PhD-FASN.aspx
応募資格:私はもともと腎臓内科医で、アメリカで腎病理医になりました。1のポジションは、基礎研究の経験があり腎臓病に興味のある方、2のポジションは、腎病理(移植腎も含めた)に興味のある腎臓内科医や小児腎臓内科医、腎移植に興味のある泌尿器科医、腎病理に興味のある病理医の方が最適かと思います。
応募方法:興味のある方は、お気軽に下記のメールアドレスまで連絡をください。
給与:Cedars-Sinai Medical Centerの内規に沿ったものとなります。
詳細についての質問はメールで聞いてください。
山下倫史
Michifumi Yamashita, MD, PhD, FASN
Assistant Professor
Department of Pathology & Laboratory Medicine
Cedars-Sinai Medical Center
8700 Beverly Blvd. PACT 500
Los Angeles, CA 90048
Email: Michifumi.Yamashita@csmc.edu


投稿者:山下倫史(Michifumi.Yamashita@csmc.edu)

2018.10.05

英国フランシス・クリック研究所ポスドク募集

英国フランシス・クリック研究所のJames Turnerラボでポスドクを募集中です。

研究内容: プロジェクト内容は相談して決めます。我々は主に、哺乳類の発生や疾患における性染色体の役割を研究しています。また進化的興味から、ヒトなどを含む真獣類と1億年以上前に分岐した有袋類に属するハイイロジネズミオポッサム (Monodelphis domestica) を使った研究も行なっています。詳しくは我々のwebsite (https://www.crick.ac.uk/james-turner) をご覧ください。

研究所について: 2015年にMRC国立医学研究所とCancer Research UKロンドン研究所が合併してできた、ロンドンの中心部にある新しい研究所です。約120研究室・1500人の研究者を擁し、Wellcome Trust・Cancer Research UK・MRCによって潤沢に予算がサポートされています。誰でも使える共通機器やコアファシリティも充実しています。我々と近い分野では、哺乳類の性決定を研究しているRobin Lovell-Badgeやヒト受精卵でゲノム編集を行なったKathy Niakanのラボがあり、交流は活発です。

応募資格: PhD取得(または着任までに取得見込み)者。分子生物学の基礎があり発生や遺伝が専門の方、またはバイオインフォマティクスが専門で我々の研究への応用に興味のある方を歓迎します。取得するビザによっては英語の技能試験で要求スコアを取る必要があります。

開始時期: 就労ビザの取得後随時

雇用条件: フルタイム。4年契約。税込年給与 £36,800 - £39,050で雇用開始。年度末に昇給あり。ビザ費用サポートあり。

応募方法: 英語でCVとカバーレターを以下の連絡先にメールでお送りください。適任者が見つかり次第、募集は終了します。ラボや研究所の雰囲気、英国での生活などインフォーマルな質問は私にして頂いても構いません(日本語可、takayuki.hirota[at]crick.ac.uk)。

Dr James Turner
Senior Group Leader
Sex Chromosome Biology Lab
The Francis Crick Institute
1 Midland Road
London UK
NW1 1AT
Tel: +44 203 796 1611
E-mail: james.turner[at]crick.ac.uk

投稿者:廣田 孝幸

2018.09.29

バロー神経研究所 脳動脈瘤・脳動静脈奇形研究センター ポスドク募集

ポスドク募集 (PhD, MD, MD/PhD)
バロー神経研究所 脳動脈瘤・脳動静脈奇形研究センター

当研究室は細胞生物学、分子生物学、遺伝子改変動物を主体とした手法を用いて脳動脈瘤、脳梗塞、大動脈瘤を中心とした研究を行っています。われわれはこれまでに脳動脈破裂マウスモデルを確立し、脳動脈瘤の破裂機構に関して明らかにしてきました。
アリゾナ州フェニックスはアメリカ南西部に位置し、全米6位の都市です。年間を通して温暖で、過ごしやすいです。車で2-3時間の距離に、セドナ、グランドキャニオンなどの観光地があり、プライベートも充実します。留学にあたっては私と当ラボスタッフが 研究面、生活面共に面倒を見ます。
バロー神経研究所は、有名な脳神経外科医であるDr. Michael T. Lawton、Dr. Robert F. Spetzlerが在籍しており、手術見学や教育セミナーへの出席も可能です。
ご興味を持った方は履歴書(学歴と研究歴/業績、日本語可)を以下にe-mailしてください。

待遇:1-2年間のフェローシップを獲得することが望ましい。3年目以降は当施設基準に準じて支給。家族を含む医療保険は補償。
採用時期:2019年4月以降
採用期間:2-5年間
募集人数:2名

Selected Publications
1.Kamio Y, Miyamoto T, Kimura T, Mitsui K, Furukawa H, Zhang D, Yokosuka K, Korai M, Kudo D, Lukas RJ, Lawton MT, Hashimoto T. Roles of Nicotine in the development of intracranial aneurysm rupture. Stroke. 2018;49:2445-2452.
2.Kotoda M, Furukawa H, Miyamoto T, Korai M, Shikata F, Kuwabara A, Xiong X, Rutledge C, Giffard RG, Hashimoto T. Role of myeloid lineage cell autophagy in ischemic brain injury. Stroke. 2018;49(6):1488-1495.
3.Kuwabara A, Liu J, Kamio Y, Liu A, Lawton MT, Lee JW, Hashimoto T. Protective effect of mesenchymal stem cells against the development of intracranial aneurysm rupture in mice. Neurosurgery. 2017;81(6):1021-1028.
4.Shimada K, Furukawa H, Wada K, Korai M, Wei Y, Tada Y, Kuwabara A, Shikata F, Kitazato KT, Nagahiro S, Lawton MT, Hashimoto T. Protective role of peroxisome proliferator-activated receptor-gamma in the development of intracranial aneurysm rupture. Stroke. 2015;46(6):1664-1672.
5.Tada Y, Wada K, Shimada K, Makino H, Liang EI, Murakami S, Kudo M, Shikata F, Pena Silva RA, Kitazato KT, Hasan DM, Kanematsu Y, Nagahiro S, Hashimoto T. Estrogen protects against intracranial aneurysm rupture in ovariectomized mice. Hypertension. 2014;63(6):1339-1344.
6.Makino H, Tada Y, Wada K, Liang EI, Chang M, Mobashery S, Kanematsu Y, Kurihara C, Palova E, Kanematsu M, Kitazato K, Hashimoto T. Pharmacological stabilization of intracranial aneurysms in mice: a feasibility study. Stroke. 2012;43(9):2450-2456.
7.Kanematsu Y, Kanematsu M, Kurihara C, Tada Y, Tsou TL, van Rooijen N, Lawton MT, Young WL, Liang EI, Nuki Y, Hashimoto T. Critical roles of macrophages in the formation of intracranial aneurysm. Stroke. 2011;42(1):173-178.
8.Nuki Y, Tsou TL, Kurihara C, Kanematsu M, Kanematsu Y, Hashimoto T. Elastase-induced intracranial aneurysms in hypertensive mice. Hypertension. 2009;54(6):1337-1344.
連絡先
Tomoki Hashimoto, MD.
Director, Barrow Aneurysm and AVM Research Center
Professor, Neuro-anesthesiology and Neurobiology
Barrow Neurological Institute
St. Joseph’s Hospital
e-mail: tomoki.hashimoto@barrowneuro.org(日本語可)

投稿者:Tomoki Hashimoto

2018.09.19

シンシナティ小児病院/シンシナティ大学医学部ポスドク募集

シンシナティ小児病院/シンシナティ大学医学部 生殖科学部門行川研究室(PI:行川 賢: Satoshi Namekawa) では新規予算獲得に伴いポスドクを1名募集します。生殖細胞は生命の連続性を担う細胞であり、受精後に全能性を獲得します。私たちはマウスの精子形成期や卵形成期において、生殖細胞で特異的なエピゲノムがどのように形成され、遺伝子発現制御が起こり、さらに次世代の発生過程に貢献しているか解明を目指しています。この公募では生殖細胞のエピゲノム解析やエピジェネティック制御機構解明についてのプロジェクトを担当できる人を募集しています。生殖細胞の根本原理の究明を目指したい方を募集しています。技術的には、次世代シークエンサーのデータ解析に詳しい方、または、解析手法を習得したい意欲のある方を歓迎します。イノベーティブなプロジェクトを挑戦したい意欲的な研究員を募集しています。こちらの研究室での既存の研究の方向性をもとに、さらに発展したプロジェクトを創造していきたいと考えています。
研究室の情報です。
https://www.cincinnatichildrens.org/research/divisions/r/reproductive-sciences/labs/namekawa
これまで、研究室発足から9年経ち、少人数ながらもかなり効率よく論文発表を重ねて着ました。それぞれの研究員が複数のプロジェクトを同時進行することで、コンスタントに第一著者で論文発表できることを重視しています。また、海外経験を通じたキャリア形成を支援しており、これまでに複数の研究員が海外学振をはじめとしたフェローシップの取得や、その後のファカルティーポジションの獲得に成功しています。
開始時期:随時、応相談
待遇: 
NIHおよびシンシナティ小児病院の規定によります。初年度47,500USD以上になり年次昇給もあります。ビザもサポートします。
応募資格:上記の研究に興味のある PhD取得者、あるいは着任までに取得見込みの方。また、大学院生で早めに留学したい方にもいろいろなオプションがあります。これまでの研究分野を問いませんが、新たな分野に挑戦したい熱意のある人を募集しています。ただし、ベクターの構築など基本的な分子生物学的手法を習得していることを条件とします。
応募書類: CVと推薦者2名以上の連絡先をe-mailで送付して下さい。
宛先:satoshi.namekawa@cchmc.org(日本語可)
ご質問などありましたら、お気軽にご連絡ください。

Satoshi Namekawa
Associate Professor
Division of Reproductive Sciences
Cincinnati Children's Hospital Medical Center
Department of Pediatrics
University of Cincinnati College of Medicine
Cincinnati OH
Tel: 513-803-1377
Fax: 513-803-1160
satoshi.namekawa@cchmc.org

投稿者:行川 賢(satoshi.namekawa@cchmc.org)

2018.09.13

ワシントン大学 (University of Washington in Seattle) 皮膚がん研究のポスドク募集

米国シアトルにあるワシントン大学(University of Washington)皮膚科の川澄研究室では、ポスドクを募集しています。皮膚がんを標的にしたエピゲノム編集法の研究に力を入れています。当研究室は、シアトルの中でも近年発展が目覚ましいサウスレイクユニオン地区に位置しています。アメリカ生活を楽しみながら、当研究室で皮膚発癌に関する研究をしてみませんか?当研究室での研究留学を契機に、将来自分のラボを持ち、世界を舞台に活躍するチャンスが広がります。

【研究内容】
当研究室では、以下のテーマを中心に、分子/細胞/動物レベルでの研究を行っています。
• 紫外線照射により生じるDNA損傷(CPDや6-4PP)と、それに対する細胞応答(ATR-Chk1経路の活性化)。
• 紫外線により誘発される皮膚がんの発生機構(Translesion Synthesisと遺伝子変異導入の機序)。
• カフェイン(非選択的ATRキナーゼ阻害剤)による紫外線発癌の抑制機序。
• 当研究室で同定した新規ATRキナーゼ低分子阻害剤の分析。
• CRISPR-Cas9を応用した癌関連遺伝子に対するエピゲノム編集法の確立と、それを用いた皮膚がん発症抑制。

研究概略は、こちらのウェブサイトもご覧下さい。
https://kawasumilab.org

【当研究室の特色】
ワシントン大学のオープンな研究環境は、多種多様な分野の専門家と共同研究をする上で、大きな利点です。 実際、現在も超高感度次世代シークエンス技術(Duplex Sequencing)を開発した研究室との共同研究や、リウマチ科との共同研究(紫外線で誘発されるLupus)が進行中です。また、当研究室では、個々のケースに合わせたキャリアディベロップメントを大切にしています。将来、アメリカや日本で研究室のPrincipal Investigatorとして独立したい人、Physician-Scientistとして診療と研究の両立を目指す人など、個々の具体的な目標達成に向けたサポートを行っています。

【応募資格】
• MDあるいはPhDの保持者(特に皮膚科医の応募をお待ちしております)。
• 基本的な分子生物学的実験の経験を有すること。必須ではありませんが、以下のいずれかの経験を持った研究者が好ましいです。
・遺伝子改変マウスや培養細胞を用いた実験
・CRISPR-Cas9システム
・Bioinformatics
• 当研究室での研究内容に興味を持ち、意欲を持って研究を推進できる方。
• 英語で他の研究者とコミュニケーションがとれ、チームでの研究ができる方。

【問い合わせ】
詳しい研究内容については、遠慮なく直接お問い合わせ下さい(日本語可)。適任者が決まり次第、募集を締め切りますので、まずは応募の意思とCVを川澄正興(Masaoki Kawasumi)宛てにメールでお送り下さい。アメリカで研究に没頭したい、将来にわたってアカデミアで活躍していきたいという熱意ある人材の応募をお待ちしております。

川澄 正興
Masaoki Kawasumi, MD, PhD
Assistant Professor of Medicine/Dermatology
University of Washington
Email: kawasumi@u.washington.edu
Website: kawasumilab.org

投稿者:川澄 正興(kawasumi@u.washington.edu)

2018.09.12

Upstate Medical University NY Postdoc募集

A postdoctoral fellow position is available in the laboratory of Dr. Mobin Karimi in the Department of Microbiology and Immunology at Upstate Medical University. The successful candidate in collaboration with the mentor and his team will be responsible for designing and utilizing in vitro and in vivo methodologies to investigate the role of transcriptional regulator in alternative signal pathways to assess’ T cells cytotoxic function of hematological cancer model
Requirements
Applicants should have a Ph.D. or M.D degree in biological sciences preferably with a strong immunology background. The position requires a minimum of 4-5 years of graduate research experience and a strong publication record. The candidate must be highly motivated and have extensive experience in cell signaling assays, flow cytometry and cell sorting, molecular biology, animal (mice) handling, experimental planning, and data interpretation. Excellent communication skills and the ability to work as a team member are essential. Experience with the design, utilization, and evaluation of murine models of immunological diseases such, as transplantation is a plus. The position requires the ability to lead projects, and work co-operatively with others. Ideal candidates will have excellent organizational, time management, and multitasking skills. Other duties include supervision of other laboratory members, and participation in the writing of grants and manuscripts.
To apply, please send the following to Dr. Mobin Karimi (karimim@upstate.edu
• A full CV with publication list

• Cover letter including the names and contact details of 3 references
• PDF copies of your most recent publications

Posted by Mobin Karimi(Karimim@upstate.edu)

アーカイブ

  • 2018年10月
  • 2018年09月
  • 2018年08月
  • 過去ログ一覧