2019.11.12

Cedars Sinai Medical Centerポスドク募集

Cedars Sinai Medical CenterにあるRosser/FuruyaおよびChan labでは日本の所属先からの給与サポートのある方で留学をご希望されるポスドク3名(Rosser/Furuya lab 1名、Chan lab 1名、Joint project 1名)の受け入れを検討しております。本募集は日本の所属先からの給与サポートのある方を対象にしておりますので、恐れ入りますが給料のお支払いはできません。研究にかかる費用は我々が負担します。Dr. Charles Rosserは泌尿器科医として様々な臨床試験を行なっております。また、Physician-scientistとして研究室を持ち、トランスレーショナル研究に力を入れております。また、私は主に基礎研究とトランスレーショナル研究の部分を担当しており、Dr. Charles Rosserと一緒に研究室を運営しております。Dr. Keith Chanは膀胱がん基礎研究者で、最近Baylor Universityから異動してきました。
Cedars Sinai Medical Centerではがんセンター長のDr. Dan Theodorescu(泌尿器科医)、Dr. RosserおよびDr. Keith Chanを中心に膀胱がんの研究に力を入れており、Team Bladder Cancerとして一丸となって全米一の膀胱がん研究チームを目指しています。Cedars Sinai Medical CenterではすでにDr. Leland Chungを中心に非常に強力な前立腺癌の研究グループがいます。泌尿器がんの研究に興味をお持ちの方には最適な研究環境だと思います。
Rosser/Furuya labでは膀胱がんの早期発見のための尿中バイオマーカーの研究をしております。これまでの後ろ向き研究で10個の尿中タンパク質マーカーを発見し、現在は臨床試験を行っております。また、検出キットの開発も行っております。将来的なパーソナル医療を開発するため、尿中タンパク質マーカーに関する発がんメカニズムの研究や治療法の開発にも力を入れております。
その他にも研究室では研究者主体の臨床研究のサポートもしております。Dr. Rosserの臨床研究は企業主体のもの以外に研究者主体のもの(Investigator-initiated trial or IIT)もあります。IITでは分析方法が臨床ラボでは確立されていないことが多くあるので、臨床ラボで分析できない項目を我々の基礎研究ラボで分析したり、そのデータをもとに新たなプロジェクトを始めたりしています。とても臨床に近い考えで研究ができるのと基礎研究の知識や技術を取得できるのが特徴です。そのため、基礎研究に興味のある泌尿器科医の先生方、もしくはトランスレーショナル研究に興味のあるPhDの方々に適した研究室ではないかと思います。
Dr. Keith ChanはBaylor Universityにいた際に、膀胱癌のサブタイプを提唱したチームの中心研究者の一人として活躍しました。また、Cancer stem cellやtumor microenvironmentに着目し、Nature、PNAS、Clin Cancer Res、およびJ Natl Cancer Instなどのハイインパクトな雑誌に論文を掲載してる若手の注目株です。Rosser/Furuya labは今年の1月に異動し、Dr. Chanは今年の夏に異動してきました。我々の研究室はすでに共同研究を始めており、今後さらに研究室の垣根なく一緒に仕事をしていく予定です。
Cedars Sinai Medical Centerは西海岸で4番目に、全米では8番目に大きな病院です。臨床と研究のつながりが強く、トランスレーショナル研究が盛んな病院・研究所です。病院はビバリーヒルズやハリウッドの近くにあり、エンターテイメントに富んだ地であり、観光客やセレブも多いことから治安も非常にいいです。私はここに引っ越す前にはハワイに10年近く住んでいましたが、近隣はハワイよりも安全だと思います(場所によっては危険な地域もありますが)。家賃が少々高いですが、日用品は他の地域とあまり変わらず、都会なので便利で非常に住みやすいところだと思います。Cedars Sinaiにはもちろん日本人の研究者が多くいますが、近隣にUCLAやUSC(南カリフォルニア大学)もあるので、たくさんの日本人研究者がおります。また、日本のスーパーも多く存在しているので、日本人にとってはとても住みやすいところうだと思います。
開始時期は2020年4月以降になります。留学にはビザ申請などの手続きもあり、数ヶ月の準備期間がかかることに留意してください。ビザの更新は規定により1年毎に行いますが、2-3年の留学をご希望の方を大歓迎です。ご希望の方もしくはご質問のある方はお気兼ねなくご連絡ください。

古谷 英樹
Research Scientist(Assistant Professor)
rosser.furuya.lab@gmail.com

投稿者:古谷 英樹(rosser.furuya.lab@gmail.com)

2019.11.09

シンシナティ小児病院/シンシナティ大学医学部ポスドク募集

ポスドク募集 シンシナティ小児病院/シンシナティ大学医学部 濱田研究室


ポスドク募集

私達は、温度感覚、サーカディアンリズム、代謝に着目し、恒常性機構の分子メカニズム解明を目指しています。今回、新規グラント獲得にあたり、ポスドクを募集しています。
博士課程取得者、あるいは終了見込みの方で、ショウジョウバエやマウスを用いた遺伝学、分子生物学、行動学、神経活性のイメージングなどの解析の経験がある方を歓迎いたしますが、バックグランドは問いません。また学生の方で興味がある方もご相談ください。

興味のある方は、CV、今までの研究内容、推薦書2通もしくは照会可能な方の連絡先をfumika.hamada@cchmc.orgにお送り下さい。


参考論文
1. Umezaki, Y., Hayley, S.E., Chu, M, L., Seo, H, W., Shah, P., and Hamada F.N Feeding-state-dependent modulation of temperature preference requires insulin signaling in Drosophila warm-sensing neurons. Current Biology, 2018 March 5;28(5):779-787

2. Goda, T., Doi, M., Umezaki, Y., Murai, I., Shimatani, H., Chu, M.L., Nguyen, V.H., Okamura.H., and Hamada F.N. Calcitonin receptors are ancient modulators for rhythms of preferential temperature in insects and body temperature in mammals Genes and Development, 2018 Jan 15;32(2):140-155


連絡先
Fumika Hamada, Ph.D.
Associate Professor
Visual Systems Group
Division of Pediatric Ophthalmology
Cincinnati Children's Hospital Medical Center
3333 Burnet Avenue, ML 7003
Cincinnati, OH, 45229
Office: R2.2457/ (513)803-1662
Lab : R2.2455/ ((513)803-1673
Fax : (513)803-0740
fumika.hamada@cchmc.org
http://www.cincinnatichildrens.org/research/divisions/o/ophthalmology/labs/hamada/default/

投稿者:濱田文香(fumika.hamada@cchmc.org)

2019.11.08

University of Rochester School of Medicine & Dentistry Postdoctral Position

Postdoctoral Fellow, Senior Research Associate, and Research Assistant Professor position, University of Rochester Medical Center

Two NIH funded positions are available immediately to study Skeletal Development, Disease, and Regeneration. Qualified candidates will also be considered for a short-term visit as Visiting Faculty/Scholar. Current areas of investigation include characterizations of skeletal stem cells, congenital birth defects, and aging disorders. These studies focus on the elucidation of molecular and cellular mechanisms underlying stem cell self-renewal, cell fate determination and differentiation, crosstalk of various cell types, tissue repair and regeneration, and stem cell-based and gene-editing therapies. Priority will be given to candidates with expertise in developmental genetics, molecular and cell biology, microRNA, posttranslational modification, ciliogenesis, and mitochondrial biology. Research experience in skeletal biology is recommended but not required for this position. Additional Information: https://www.urmc.rochester.edu/people/23567887-wei-hsu/publications

Please submit your application including a cover letter, CV, and names of three references to Dr. Wei Hsu, Dean's Professor of Biomedical Genetics, Center for Oral Biology, and UR Stem Cell & Regenerative Medicine Institute. Email: Wei_Hsu@urmc.rochester.edu

Candidates may contact Dr. Takamitsu Maruyama, Research Associate Professor. Email: Takamitsu_Maruyama@urmc.rochester.edu

Title: ニューヨーク州ロチェスター大学 研究者募集
研究者募集 (ニューヨーク州ロチェスター大学)
米国ニューヨーク州ロチェスター大学のWei Hsu研究室ではポスドク、研究員もしくはファカルティーの募集を行っています。短期、長期留学のどちらも歓迎いたします。本研究室ではシグナリング、タンパク質修飾、幹細胞の研究を通して、発生と病理メカニズムの解明をすすめています。主に骨形成・代謝、神経細胞の維持機構などを研究しています。詳細は以下の英文を御覧ください。興味のある方はカバーレター、CVおよび三人の推薦者の連絡先をWei Hsu (Wei_Hsu@urmc.rochester.edu)までお送りください。ロチェスターでの生活、より詳しい研究内容、アメリカでの研究環境、留学に関する心配事、アプライの際の質問などがありましたら、丸山( Takamitsu_Maruyama@urmc.rochester.edu : Research Associate Professor:彼のラボにポスドクで留学し、12年働いています)まで気軽にご連絡ください。
丸山顕潤

Posted by Wei HSU(Wei_Hsu@urmc.rochester.edu)

2019.11.07

ファインスタイン研究所ポスドク募集

当ラボ(ベッカー ラボ: Lance B. Becker,ファインスタイン研究所: Feinstein Institute for Medical Research, Northwell)の研究テーマは、蘇生や敗血症,重症患者治療に役立つ病態生理の解明および治療法の開発であり,動物実験を用いたtranslational researchです.ラットを用いた心肺停止蘇生モデルや人工心肺装置による蘇生モデルを主に作成し使用しています.虚血再還流障害をメインターゲットに,酸素代謝,酸素消費測定,脂質代謝,糖代謝の網羅的解析,活性酸素測定,ミトコンドリア機能解析を現在は主に行っております.動物実験の経験者を好みますが,臨床医学に深くたずさわってきたMDの先生なら,専門領域を問わず未経験者でも,動物実験にすぐに慣れてもらえると思っています.やる気のある方を第一に欲しています.

研究環境:ファインスタイン研究所は2000人以上の研究者が働き、グループ全体で60,000人が働くニューヨーク州で一番大きな医療グループの附属研究施設です.大学病院の附属研究施設のため、研究、臨床双方へのキャリアアップがのぞめます.Dr. Beckerは蘇生研究におけるopinion leaderであり,日本をこよなく愛しています.キャリアの相談にも気軽にのってくれます.募集担当およびプロジェクトリーダーである篠崎自身も,臨床と研究,双方のバックグラウンドを生かして米国でキャリアアップをしています.

生活環境:ニューヨーク郊外(Great Neck).電車でマンハッタンまで30分のところに研究室および大学病院があります.日本人駐在員の方も多く住まわれているため,日本人用の雑貨店などもそろっています.お子様のいる家族連れの方はマンハッタンから離れる方向に,お子様のいらっしゃらない方はマンハッタンに近づいた方向に居を構えられる方が多い様です.海外生活が初めてという方には,篠崎の経験をもとにご相談にのらせてもらいます.

待遇:年俸6万ドル。健康保険有。
ポジション:ポスドク
応募資格:学位取得者、及び学位取得見込み方 又は 医師免許をお持ちの方
任期:2-3年間は研究に集中していただける方を希望します。できるだけ早い着任を望みます(2020年2-4月に着任)
応募書類:以下の書類を電子メールで御送りください(日本語、英語可)。
- 履歴書(1ページ)
- これまでの研究内容(1ページ)
- これから展開していきたい研究内容(1ページ,もしも可能なら)
- 推薦状を書いていただける方の連絡先(3名,もしも可能なら)

投稿者:篠崎広一郎(shino@gk9.so-net.ne.jp)

2019.11.06

Cedars-Sinai Medical Centerポスドク募集

Cedars-Sinai Medical Centerの宮口健と申します。同じフロアにあるKumar Labでポスドクを募集しております。Kumar Labでは急性腎障害(AKI)後の修復・再生機構の解明、治療標的の探索の研究を行っています。PIのSanjeev Kumar, MD, PhDは以前に日本人研究者と仕事をしてとても良い印象を持ったため、熱意のある日本人研究者の採用を希望しており、代わりにこちらに投稿させていただきました。

今回、グラント獲得に伴ってポスドクを追加募集しています。ご興味を持たれた方は以下の募集要項をご覧ください。また、募集に関するご質問・ご応募は直接Sanjeev Kumar (Sanjeev.Kumar@cshs.org)にお問い合わせください。Cedars-Sinai Medical Centerでの研究環境またはロサンゼルス生活など一般的なご質問でしたら私(ken.miyaguchi@cshs.org)にご連絡いただいても構いません。

Description:
The laboratory's research focuses on dissecting out the cellular and molecular cross-talk/pathways of kidney repair/regeneration after mammalian acute kidney injury (AKI) to discover therapeutic targets to augment endogenous kidney repair responses and suppress pathological interstitial remodeling “fibrosis” after human AKI. To this end, the laboratory couples cutting-edge transgenic mice (including dual cell-type specific reporter system) which enables genetic lineage-tracing, tissue-specific loss-and gain of function approaches, and bulk- and single-cell sequencing to clinically relevant acute kidney injury models and kidney development. The human transplant kidneys and single-cell sequencing of human kidneys is employed to confirm and validate the above responses. I just obtained a grant on single-cell sequencing human kidneys, and I am very keen to get things going on the front too.

Working independently but in close cooperation with the Principal Investigator and other Research Scientists, you will perform routine and complex laboratory procedures throughout the training period, and may develop, adapt, and implement new research techniques and protocols and analyze and interpret data. You will also participate in publications and presentations as author or co-author and may assist in the preparation of grant proposals, but will not be responsible for generating grant funds.

Participation in laboratory meetings, keeping a lab notebook, performing calculations, tabulating data, summarizing methods and results of related experiments and general lab maintenance will be required. The individual will be expected to function efficiently and cooperatively with a team of faculty, research associates, technicians and students.

Educational Requirements:
Doctorate (MD, PhD, VMD, or DDS) in area directly related to field of research specialization

Experience and Expertise:
• Primary interest in regenerative medicine and stem cells, molecular cloning, next generation sequencing such as RNA-seq and Chip-Seq, high resolution imaging, and Crispr/Cas9-based gene editing methodologies
• Outstanding molecular and cell biology training with experience of the above genetic technologies
• Demonstrated aptitude to perform experimental protocols and procedures, including detailed data collection, and analysis and operation and maintenance of specialized equipment
• Schedule flexibility to include evening, weekend and holiday rotation commitment is required
• Excellent written and oral communication skills

Funding:
The research is funded by American Society of Nephrology (John Merril Award), American heart association, and NIH RO1 5-year grant.

Sanjeev Kumar, MD, MRCP(UK), Ph.D
Staff Physician/Nephrologist, Dept of Medicine
Assistant Professor, Biomedical Sciences/Regenerative Medicine
Assistant Professor in Residence, David Geffen School of Medicine, UCLA
127 S San Vicente Blvd, Suite A8110B
Regenerative Medicine Institute
Advanced Health Sciences Pavilion
Cedars Sinai Medical Center

投稿者:宮口健(ken.miyaguchi@cshs.org)

2019.11.04

デューク大学生物学科・大西研究室ポスドク募集

ポスドク募集
https://academicjobsonline.org/ajo/Duke/Biology/MOPD

デューク大学生物学科・大西研究室では、真核生物の細胞質分裂における本質的メカニズムとその進化の解明を目指し、研究を進めています。現在は、緑藻クラミドモナスをもちいて、アクチンやミオシンを使わずに細胞質分裂を引きおこすメカニズムについて調べています。
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/789016v1
https://www.pnas.org/content/115/28/E6487.long
https://www.genetics.org/content/202/3/977.long

今回、研究室の中心に立って研究を遂行していただくべく、ポスドクを募集しております。詳細については、下記の募集要項および当研究室のウェブサイト(https://sites.duke.edu/onishilab)をご覧ください。クラミドモナスは「緑の酵母」とも呼ばれ、ハイスループットアッセイ・遺伝学・スクリーニングやオミックス解析に最適なシステムですし、また細胞生物学的手法も確立されています。これまでにクラミドモナスを使った経験の有無にかかわらず、興味のある方の応募を歓迎いたします。研究室には多彩なプロジェクトがありますので、下記のいずれかに興味がある方を特に歓迎します。

キーワード:細胞質分裂・細胞周期・オルガネラ分配・アクチン・微小管・セプチン・細胞外マトリックス・CRISPR・ゲノム編集・プロテオミクス・プロキシミティラベリング・バイオインフォマティクス・ロボティクス・ハイスルループットスクリーニング・遺伝学・クラミドモナス・酵母

研究内容、キャリア、生活面など、不明な点がありましたら、何でも大西までご連絡ください。masayuki.onishi@duke.edu

デューク大学はノースカロライナ州のリサーチトライアングルに位置していて、近隣のノースカロライナ大学チャペルヒル校、ノースカロライナ州立大学とともに、アカデミックリサーチのハブを形成しています。デューク大学は生物系大学院ランキングで全米10位、世界大学ランキングでも22位に位置するなど、研究をするには素晴らしい環境です。

Postdoc position available in the Onishi lab at Duke University.

https://academicjobsonline.org/ajo/Duke/Biology/MOPD

The Onishi lab (https://sites.duke.edu/onishilab) in the Duke University Department of Biology (Durham, North Carolina, USA) is looking for a Postdoctoral Researcher to join our team to work on a project to investigate the fundamental core mechanisms of eukaryotic cytokinesis and their evolution. Our current primary model for this work is the green alga Chlamydomonas reinhardtii. Candidates should have a PhD in a relevant discipline and experience in one or more of the following: genetic screens, small-molecule screens, genomics, bioinformatics, genome editing, proteomics, light microscopy, electron microscopy, algal or yeast molecular genetics.
Additional details about specific projects can be obtained by contacting Masayuki Onishi (masayuki.onishi@duke.edu).

Salary and benefits are commensurate with Duke University standards for postdoctoral associates.

Applicants should submit a CV, short summaries of past research and interests for the future, and contact information for three people who can serve as references. Applications must be submitted through AcademicJobsOnline.com. Review of applications will begin immediately and continue until the position is filled. The position could begin as soon as January 1st, 2020, but the specific start date will be negotiable.

Duke is an Affirmative Action/Equal Opportunity Employer committed to providing employment opportunity without regard to an individual's age, color, disability, gender, gender expression, gender identity, genetic information, national origin, race, religion, sex, sexual orientation, or veteran status. Duke makes good faith efforts to recruit, hire, and promote qualified women, minorities, individuals with disabilities, and veterans.


投稿者:大西雅之(masayuki.onishi@duke.edu)

2019.11.03

Baylor College of Medicine Postdoctral Position

A NIH/NCI fund postdoctoral position is available in the Fu and Moore laboratories at Baylor College of Medicine to study obesity-related liver cancer. This position will focus on the role of chronic neuroendocrine circadian dysfunction in obesity and obesity-related cancer, with a particular emphasis on the role of circadian dysfunction in spontaneous development of fatty liver disease and fatty liver induced hepatocellular carcinoma (HCC). We use state-of-the-art technologies, including RNA-seq, ChIP-seq, proteomics, metabolomics, CRISPR-Cas9 gene editing and humanized mouse models to explore the role of circadian homeostasis in cancer prevention and treatment at the molecular and cellular, genetic, and physiologic levels.
Requirement:
1) A recent Ph.D degree with less than two year experience in post-doctoral training
2) Prior first author publications
3) Highly motivated to pursue an independent career in biomedical research
4) Excellent communication, time management and teamwork kills
Preferred training background:
Molecular and cellular biology, cancer, and mouse genetics. Experience in biomarker studies, gene expression, animal disease models, RNA studies, protein-protein, and protein-DNA interactions are preferred..
Pay line
The stipend for these positions will follow the NIH 2019 post-doctoral fellow salary guidelines.
How to apply:
Please contact Dr. Loning Fu via email (loningf@bcm.edu) and provide a cover letter, description of research interests, CV, and names of references.

Posted by Loning Fu(loningf@bcm.edu)

2019.11.02

Cleveland Clinic Postdoctral Position

Molecular Mechanisms and Translational Oncology

Do you have a background in molecular, biochemical or chemical mechanisms yet are interested in translational medicine? Are you interested in taking your mechanistic findings rapidly to the bedside in a vibrant clinical research program? If so, a postdoctoral fellowship position supported by the National Institutes of Health and the Prostate Cancer Foundation is available in the laboratory of Dr. Nima Sharifi at the Cleveland Clinic.

Our laboratory focuses on mechanistic discovery to understand the metabolic and molecular mechanisms of androgen synthesis and androgen receptor gain-of-function that lead to resistance to hormonal therapy. Specific areas include:

1) Metabolic and genetic changes required for hormone therapy resistance in prostate cancer and tumor progression
2) Clinical validation in patients and clinical trials using innovative approaches
3) Animal models of advanced prostate cancer for translational and therapeutic studies
4) Identifying targets for the development of new pharmacologic therapies

We discovered the first example of a gain-of-function in a steroid-synthesizing enzyme that enables prostate cancer resistance to hormonal therapy (Chang, et al. Cell. 2013;154:1074-84). We also recently discovered that abiraterone works by conversion to a more active steroidal metabolite (Li, et al. Nature. 2015;523:347-51), that metabolism is pharmacologically modifiable to optimize therapy (Li, et al. Nature. 2016;533:547-51) and that these events are a class effect of steroidal androgen synthesis inhibitors (Alyamani, et al. Cell Chem Biol. 2017;24:825-32) and genetic determination of metabolite generation (Alyamani, et al. J Clin Invest. 2018;128:3333-40). View a quick summary of these discoveries here:
https://www.youtube.com/watch?v=22dFzT4RFno

This position is ideal for an individual with a strong interest in rapid translation of basic mechanistic discoveries to the bedside as this is a principal goal of the Sharifi Laboratory. For example, we have shown that our discovery of a gain-of-function in a steroid-synthesizing enzyme is a predictive biomarker of poor outcomes after hormonal therapy (Hearn, et al. Lancet Oncol. 2016;17:1435-44; JAMA Oncol. 2018;4:558-62). We are currently evaluating this biomarker in an active clinical trial and are pursuing similar mechanisms and developing new treatment modalities based on these discoveries.

The position will provide a unique and multidisciplinary exposure to tumor metabolism, molecular oncology, drug development and clinical trials. Further details are available at: http://www.lerner.ccf.org/cancerbio/sharifi/ and http://newsroom.clevelandclinic.org/?s=sharifi

The ideal candidate has a Ph.D. degree in biochemistry, chemistry or molecular biology; has the appropriate expertise in discovery of molecular, biochemical or chemical mechanisms; and is highly driven. Outstanding verbal and communication skills are required. Interested candidates should send their CV and contact information for 3 references to:

Nima Sharifi, M.D.
Kendrick Family Chair for Prostate Cancer Research
Director, GU Malignancies Research Center
sharifn@ccf.org

Posted by Nima Sharifi, M.D.(sharifn@ccf.org)

2019.11.01

The Ohio State Universityポスドク募集

オハイオ州立大学の中西研究室ではポスドクを募集します。当研究室では、ノンコーディングRNAによって制御される生体内機構を、生化学、分子生物学そして構造生物学の手法を用いて研究しています。RNAとタンパク質の相互作用に興味があり、情熱をもってサイエンスを楽しめ、かつ協調性のある方を探しています。研究室のテーマについてはこちらを参照ください(http://u.osu.edu/nakanishilab/)。

勤務地:
オハイオ州立大学 (オハイオ州コロンバス市)

採用時期:
適任者が決まり次第締め切ります。

待遇:
大学とNIH の規定による。

応募資格:
1. PhD取得後3年以内の方 (もしくは渡米までに博士号が取得できる方)。2. 組換えタンパク質の大量合成、精製、X線結晶構造解析ができる(必須)。昆虫細胞、HEK293細胞、HeLa細胞を用いてタグ付きタンパク質を発現•生成できる方や、in vitro RNA転写とラベルができる方を歓迎いたします。

応募書類:
1. カバーレター: これまでの研究概要、志望理由、将来の目標を1ページ程度でまとめてください。 2. 履歴書 (発表論文リストを含む)。 3. 推薦者の連絡先 (3名)

送付先:
応募書類1~3を添付したemailをnakanishi.9@osu.edu宛に送付してください。興味や質問のある方は直接メールしてください(日本語可)。

最近の業績:
Molecular Cell, Nucleic Acids Research 2報、JBC (全ての業績: https://scholar.google.com/citations?user=zlzqmvgAAAAJ&hl=en)

PIの予算採択歴:
NIH R01、さきがけ、HFSP長期フェローシップ、海外学振、学振

Kotaro Nakanishi
Associate Professor
Department of Chemistry and Biochemistry
The Ohio State University


投稿者:中西孝太郎(nakanishi.9@osu.edu)

« 2019年10月 | 最新の10件

アーカイブ

  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年09月
  • 過去ログ一覧