2017.11.17

Weill Cornell Medical School and the Hospital for Special Surgery ポスドク募集

A postdoc position is immediately available in Dr. Baohong Zhao’s lab at Weill Cornell Medical School and the Hospital for Special Surgery in Manhattan New York.

当研究室では、骨代謝と免疫システムを繋ぐ学際的な分野である骨免疫学について研究しています。炎症時における破骨細胞・脂肪細胞分化の遺伝子発現制御やシグナリング制御メカニズムまた関節炎における骨破壊などに着目して研究を行っています。骨代謝・細胞生物学・免疫学・代謝学および関連領域からの応募を歓迎いたします。クローニング・免疫沈降法・クロマチン免疫沈降法などの分子生物学的手法また組織学的手法や遺伝子改変マウスの取り扱いに習熟している方を期待しています。また、当研究室のプロジェクトにはRNAseqなどのゲノムワイドな解析が含まれるため、RNAseq やChIPseqなどの経験のある方または興味のある方を期待しています。論文審査のある学術専門誌の筆頭著者論文を有しており、論理的な思考、トラブル解決能力を持ち合わせていることが必須です。PhDの取得予定者の応募も歓迎いたします。

給与は、NIH基準に従います。医療保険・歯科保険・生命保険はカバーされます。

希望者は履歴書(curriculum vitae)と過去の研究略歴の要約、将来の研究の展望(興味)および業績(1-2 paragraphs)、筆頭著者論文の別刷(PDF)、問い合わせてお答えいただける推薦者3名の氏名・連絡先、こちらに来て仕事を開始できる(予定)日を下記のe-mail addressまでお送りください。

Baohong Zhao, DMD, PhD
Assistant Professor
Department of Medicine
Weill Medical College of Cornell University
Assistant Scientist
Genomic Center and Arthritis and Tissue Degeneration Program
Director, Laboratory of Pathological Bone Metabolism and Osteoimmunology
Hospital for Special Surgery
535 E70th Street, New York
NY10021 USA
Phone: (212) 774-2772
Email: baohongzhao1@gmail.com


投稿者:Kazuki Inoue(inouek@hss.edu)

2017.11.16

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター 研究員募集

当研究室は、マウスの呼吸器をモデルとして臓器の形態形成、修復機構の解明に取り組んでいます。今回、新たに研究員を1名募集します。今回の募集では、1)組織幹細胞もしくはES細胞から肺組織を再構成する研究、2)ライブイメージングを使った呼吸器の発生・再生に関わる研究、3)発生後期~生後初期における臓器の成熟課程に注目した研究のいずれかのテーマに従事していただける研究員を募集します。
応募前の研究室訪問、インフォーマルな問い合わせを歓迎します。
参照>>web: http://www.cdb.riken.jp/lungdev/

【応募資格】
博士号取得者(見込み可)。研究に熱意があり、研究所内の研究者と積極的に交流しながら上記の研究を進められる方。マウスの取り扱い経験は問いませんが、分子・細胞生物学、発生学、遺伝学、呼吸器医学、ライブイメージングのいずれかの分野に精通していて、臓器形成研究に強い意欲を持った方が望まれます。

【勤務地】
国立研究開発法人理化学研究所 多細胞システム形成研究センター
兵庫県神戸市中央区港島南町2-2-3

【締切日】
2018年1月12日

【着任時期】
2018年4月以降で応相談

●研究に関する問合せ先
呼吸器形成研究チーム
チームリーダー 森本充
E-mail: mmorimoto[at]cdb.riken.jp([at]を@に変えてメールしてください)
 
待遇および応募要領は下記リンクをご覧ください。
公募の詳細:http://www.cdb.riken.jp/recruit/2017/jobs/0825_14132.html


投稿者:森本 充(mmorimoto@cdb.riken.jp)

2017.11.04

Moffitt Cancer Center and Research Institute ポスドク募集

・フロリダ州タンパのMoffitt Cancer Center and Research Institute, Florian Karreth Lab ではポスドクを一名募集しています。当研究室では遺伝子改変マウスを用いたmelanomaや卵巣癌モデルマウスの作成、新規治療標的の探索を行っています。今回は欠員に伴いmelanomaの研究を行うポスドクを募集しています。当研究室は2015年に立ち上がったばかりの若いラボですが、非常にフレンドリーかつ意欲的なPIの下、皆研究に励んでいます。私も2017年10月に赴任したばかりの新参者ですが特にストレスなく過ごしています。またMoffittはタンパベイエリアの癌医療の拠点として臨床・研究ともに近年目覚ましい成長を遂げており、活気に満ち溢れています。また研究室間の垣根も低くコラボレーションも盛んです。
・フロリダ州タンパは温暖で我々日本人の住むエリアは非常に治安もよくアパートも比較的安く、また日本の食材も殆ど手に入りますのでご家族で赴任される方にとっても住みよい地域です。私の知る限り日本人研究者は数人ですが、皆さんとても協力的で優しい方々です。
・応募資格はPhD取得後、もしくは取得予定の方が望ましく、任期や赴任時期はPIと相談となります。選考方法はskype面接→渡米の上これまでの研究成果のプレゼン、その後ラボメンバー全員との面接の上決定されます。給与はMoffittの内規に沿います(47000ドル/年 前後)。
・PIの業績・コメントは下記をご参照ください。
http://labpages2.moffitt.org/karreth/
・今回PIから依頼を受け、投稿させて頂いております。ご興味のある方はカバーレター、履歴書、推薦状(2-3名)を添付の上、PIにご連絡ください。もしくは中村までご連絡頂けましたらPIに取り次ぎます。何かご質問がありましたらどうぞお気軽に中村までご連絡ください。

PI: Florian A Karreth florian.karreth[at]moffitt.org
ポスドク中村幸司 koji.nakamura[at]moffitt.org


投稿者:中村幸司(koji.nakamura[at]moffitt.org)

2017.11.03

Mayo Clinic (Rochester, MN, USA) Postdoctral Position

A Postdoctoral Fellow Position in Molecular Biology at Mayo Clinic (Rochester, MN, USA)

A postdoctoral research fellow position is available at the Mayo Medical School – Mayo Clinic (Rochester, Minnesota) to study the functions and mechanisms of post-transcriptional regulations in innate immune responses.

Mayo Clinic is widely regarded as one of the United States' greatest hospitals and ranked No. 1 in the country on the 2016–2017 U.S. News & World Report List of "Best Hospitals" of the United States, maintaining a position near the top for more than 25 years.

The potential candidate will utilize primary cell culture systems and mouse models in combination with high throughput RNA sequencing, ribosome-profiling, CLIP-seq to study post-transcriptional regulations (mRNA translation, mRNA decay) in inflammatory responses.

Highly motivated individuals with a recent Ph.D. and a background in immunology are encouraged to apply. Evidence of scientific publications is required and previous experience with molecular and cell biology and bioinformatics skills are desirable.

The salary is in accordance with the NIH standard. The start time is flexible in 2018.

Please send a CV including the contact information for at least two references to Dr. Wenqian Hu (whu.lab.mayo@gmail.com)

Selective Publications

Zhang, X., Chen, X., Liu, Q., Zhang, S., and Hu, W. * (2017) Translation repression via modulation of the cytoplasmic poly(A) binding protein in the inflammatory response. eLife 6: e27786. doi: 10.7554/eLife.27786 (*correspondence author)

Alvarez-Dominguez, J.R., Zhang, X., and Hu, W.* (2017) Widespread and dynamic translational control of red blood cell development. Blood 129:619-629 (*correspondence author)

Hu, W. *, Yuan, B., and Lodish, H.F. (2014) Cpeb4-mediated translational regulatory circuitry controls erythroid terminal differentiation. Developmental Cell 30(6):660-672 (*correspondence author)

Alvarez-Dominguez, J.R., Hu, W.*, Yuan, B., Shi, J., Park, S.S., Gromatzky, A.A., van Oudenaarden, A. and Lodish, H.F.* (2014) Multiple types of long non-coding RNAs regulate red blood cell development. Blood 123:570-581 (* correspondence authors)

Hu, W., Yuan, B., Flygare, J. and Lodish, H.F. (2011) Long non-coding RNA mediated anti-apoptotic activity in murine erythroid terminal differentiation. Genes & Development 25:2559-2572

Hu, W., Petzold, C., Baker, K., and Coller, J. (2010) Nonsense-mediated mRNA decapping occurs on polyribosomes in Saccharomyces cerevisiae. Nature Structural & Molecular Biology 17:244-247

Hu, W., Sweet, T., Chamnongpol, S., Baker, K., and Coller, J. (2009) Co-translational mRNA decay in Saccharomyces cerevisiae. Nature 461:225-229


Posted by Wenqian Hu(hu.wenqian@mayo.edu)

2017.11.02

ワシントン大学医学部ポスドク募集

ウイルス感染及びガンに対する獲得免疫反応,血球発生、血球のガン化のメカニズムに興味があるポスドクを1名募集します。我々はこれまで、Runx, ThPOKをはじめとした胸腺でのT細胞の系列決定、あるは免疫反応におけるT細胞およびB細胞の増殖およびエフェクター機能に必須な転写因子の機能の研究を行ってきました。今後、これらの転写因子の標的遺伝子の機能解析を通して、ガンおよび慢性ウイルス感染に対するT cell exhaustionのメカニズムおよびT細胞機能の回復、および新規に同定した環境因子による造血、リンパ球のがん化の制御を分子レベルから解明することを目標にします。博士過程を修了後3年以内、あるいは修了見込みで、分子生物学,生化学の実験手法を十分に習得されている方、とくにマウスを使ったin vivoの実験の研究の経験のある方は優先的に考慮します。

待遇:NIHガイドラインに従います。1年目の給与は$47,000(日本円で500万余)プラス医療保険。任期は特に定めませんが、着任後1-2年程度の時点での評価でそれ以降について決定します。

興味のある方は、CV、これまでの研究のサマリー(1-2ページ程度)、今後の研究の目標(1-2ページ程度)、および2名以上の推薦者の連絡先を下記宛にemailで送付してください。
12月に仙台で行われる日本免疫学会に参加しますので、その際に直接お話しすることも可能です。

Postdoctoral Fellow Position, Washington University School of Medicine
A postdoc fellow position is available to study lymphocyte development、adaptive immune responses and leukemogenesis/lymphomagenesis. The goal is to understand cellular, genetic and epigenetic regulatory networks governing physiological and pathogenic hematopoiesis, adaptive immune responses to chronic viral infection and cancers.
Strong candidates are expected to have experience in molecular biology and mouse genetics. Additional expertise in flow cytometry, epigenetic analyses, and pathogen infection experiments is highly appreciated.
The position is in Department of Pathology and Immunology at Washington University School of Medicine, located in Saint Louis, USA. The lab is located in scientifically rich environment with close interaction with leading immunologists, including Ken Murphy, Marco Colonna, Herbert Virgin and Chyi-Song Hsieh. This is a great place to build a successful research career.

I am planning to attend the annual meeting for the Japanese Society of Immunology held in Sendai between 12/12-14. If you are interested in the position, I would be glad to see in person at the meeting site.
Please refer to our research summary at http://dbbs.wustl.edu/faculty/Pages/faculty_bio.aspx?SID=6230.
Please send CV, a brief statement of your past accomplishment and prospective goal (1-2 pages each), and email addresses of two or more references to:
Takeshi Egawa
Department of Pathology and Immunology
Washington Universtity School of Medicine
Email: tegawa@wustl.edu

Posted by Takeshi Egawa(tegawa@wustl.edu)

2017.11.01

MDs, Physicians Career 交流会

下記の交流会を行います。是非お気軽にご参加ください。

【日時】2017年12月6日(水)18:30-20:20
【場所】T.B.C. (Novartis Institute for BioMedical ResearchないしはCambridge, MA周辺のホテル会場)
【スピーカー】
1)Dr. 大山尚貢(Naotsugu Oyama)-MD, PhD, MBA 
Corporate Officer Head, Medical Division, Novartis Pharma K.K
2)Dr. 北川洋(Hiroshi Kitagawa)--MD, PhD 
Hematology Clinical Development Dept. Head, Global Drug Development, Novartis Pharma K.K
両名とも勤務医経験後、製薬業界に入職された方になります。HMS,HSPHのOBです!
【言語】日本語
【参加費用】Free
【対象者】Medical Doctors, Physicians(または同等)
【詳細】http://www.business-paradigm.com/bpc/doctors_novartis.html

【お参加申し込み方法】
参加希望の方は、以下返信フォーマットをコピー&ペーストいただき、
内容記載の上、career@business-paradigm.com 宛にご連絡ください。
===== 返信フォーマット=====
1) お名前
2) 所属先名称 (学生の場合は、学校名・年次。)
3) 医師免許可否(お持ちの方はUSのものか、その他の国のものかも合わせてお知らせください。)*当地規制により、水などのご提供ができるかどうか規制されているため、大変お手数ですが、よろしくお願い致します。
===== ここまで =====

どうぞお気軽にお問合せください。

投稿者:廣綱晶子(shirotsuna.amp2008@alumno.ie.edu)

« 2017年10月 | 最新の10件

アーカイブ

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年09月
  • 過去ログ一覧