« Previous | 最新の10件 | Next »

イギリスWarwick大学メディカルスクールポスドク募集

ポスドク募集のお知らせ
イギリスWarwick大学メディカルスクールBalasubramanian研究室では細胞骨格の研究に従事する熱意のあるポスドクを募集しております。
PIのBalasubramanian教授は20年以上アクトミオシン研究に従事してきた実績があり、その多くは高い評価を受けてきました。最近までは主に分裂酵母Schizosaccharomyces pombeを用いた遺伝学を中心にアクトミオシン収縮管研究を展開してきましたが、2014年にシンガポールからイギリスにラボを移してからはラボの規模と研究資金の拡大に伴い、合成生物学や生物物理化学的な手法も取り入れ、ゼブラフィッシュや線虫、ヒトの培養細胞、古細菌なども用いた更にエキサイティングでハイレベルな研究を行なっております。
従事していただく研究内容は比較的自由度がありますが、主に細胞生物学(共焦点、超解像度を用いたイメージング)、アクチン及びモータータンパク質の生物物理学(一分子イメージング、脂質膜-タンパク質相互作用の解析、細胞骨格が発する力学の測定)、化学および合成生物学(コドン拡張やchemical genetics)および遺伝学および分子生物学(主に分裂酵母およびゼ​​ブラフィッシュ)を用いた研究を展開していただくことになります。
Warwick大学のあるコヴェントリーは治安もよく物価も安いことから日本人にとっては非常に住みやすく、ロンドンやバーミンガムなどの大都市へのアクセスもよく非常に魅力的な街です。
研究環境も優れており、二台の最新鋭のconfocal spinning disc顕微鏡とTIRFMなどをラボで所有しており、超解像顕微鏡やライトシート顕微鏡なども研究科に導入されておりアクセス可能です。
ラボではBalasubramanian教授のもと、私の含めて7人のポスドクと4人の学生、3人のテクニシャンが上記の研究に従事しており、ポスドクは皆独自の専門性を活かして活発な共同研究を行なっております(割とみんな仲が良いです)。
ラボのメンバー14人中6人は女性で、研究科には女性PIやポスドク、スタッフも多く、女性研究者の皆様も安心して研究できる環境になっております。
Balasubramanian教授はポスドクのキャリアディベロップメントにとてもサポーティブで、これまでも複数のPIを輩出してきました。また、ラボ内で確立した研究手法やマテリアルはほとんどの場合、開発者のポスドクが独立する際に持ち出すことが可能です。


応募資格:
関連した分野において博士号を有し、少なくとも一報の筆頭著者の論文を査読審査が行われる雑誌に投稿した経験のある方を希望しております。

興味のある方はPIのBalasubramanian教授(m.k.balasubramanian@warwick.ac.uk)もしくは私(T.Hatano@warwick.ac.uk)までご連絡ください。

秦野智行(PhD)
Balasubramanian laboratory
Warwick Medical School
University of Warwick
Coventry
UK, CV4-7AL

以下は主要な論文のリストになります。
1. Palani S, Srinivasan R, Zambon P, Kamnev A, Gayathri P, Balasubramanian MK. (2017). Steric hindrance in the upper 50 kDa domain of the motor Myo2p leads to cytokinesis defects in fission yeast. J Cell Science. (doi: 10.1242/jcs.205625.
2. Chew, TG, Huang J, Palani, S., Kamnev, A, Hatano, T., Somesse, R., Gu, Y., Oliferenko, S., Sivaramakrishnan, S., and Balasubramanian, M.K. (2017) Actin turnover ensures actin filament homeostasis during cytokinetic ring contraction. J Cell Biology (doi: 10.1083/jcb.201701104).
3. Palani, S., Chew, TG, Srinivasan, R., Kamnev, A., Mishra, M., Sevugan, M., Chapa-y-Lazo, B., Gayathri, P., and Balasubramanian, M.K. (2017) Motor activity dependent and independent functions for Myosin II in Cytokinesis. Current Biology 12:751-757.
4. Zambon, P., Palani, S., Kamnev, A., Balasubramanian, M.K. (2017). Myo2p is the major motor involved in Actomyosin Ring Contraction in S.pombe. Current Biology 27:R99-100.
5. Huang, J., Chew, TG, Gu, Y., Palani, S., Kamnev, A., Carter, N., Martin, D, Cross, RA., Oliferenko, S., Balasubramanian,M.K. (2016). Curvature induced expulsion of actomyosin bundles during cytokinesis in fission yeast. eLife. (http://dx.doi.org/10.7554/eLife.21383).
6. Tao, E.Y., Calvert M.E., and Balasubramanian M.K. (2014). Rewiring Mid1p independent Medial Division in Fission Yeast. Current Biology 18: 2181-2188.
7. Mishra, M.*, Kashiwazaki, J., Tagagi, T., Huang, Y.*, Srinivasan, R.*, Balasubramanian, M.K., and Mabuchi, I. (2013)."In Vitro Contraction of Cytokinetic Ring Depends on Myosin II but not on Actin Dynamics." Nature Cell Biology . 15: 853-859. * MKB is a corresponding author.
8. Huang, J., Huang, Y., Yu, H., Padmanabhan, A., Subramanian, D., Tao, Y., Thadani, R., Tang, X., Wedlich-Soldner, R., and Balasubramanian, M.K. (2012) Non-medially assembled F-actin cables incorporate into the actomyosin ring in fission yeast. J Cell Biology 199: 831-847.
9. N. Sadananda Singh, Nan Shao, Liping Ren, Mayalagu Sevugan, Janel McLean, Ting Gang, Andrea Bimbo, Reetu Sharma, Xie Tang, Kathy Gould, and Mohan K. Balasubramanian. (2011).The SIN inhibitory phosphatase complex (SIP) promotes Cdc11p dephosphorylation and propagates SIN-asymmetry in fission yeast. Current Biology. 21:1968-1979.
10. Calvert, M., Wright, G. D., Leong F.Y., Chiam, K.H., Chen, Y., Jedd, G., and Balasubramanian, M.K. (2011). Myosin II confers cell-size dependent scalability to the rate of actomyosin ring constriction. J Cell Biology. 195:799-813.

投稿者:秦野智行(T.Hatano@warwick.ac.uk)

« Previous | 最新の10件 | Next »

アーカイブ

  • 2018年01月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 過去ログ一覧