2019.07.23

University of North Carolina at Chapel Hill Postdoctral Position

Postdoctoral Training Immunology and Autoimmune Disease

A postdoc position is immediately available in the Vilen lab at the
University of North Carolina at Chapel Hill.

Our lab focuses on the mechanisms underlying immune dysfunction in autoimmune disease. We identified that in systemic lupus erythematosus (SLE), defects in lysosome acidification reduce degradation of IgG-immune complexes that enter myeloid cells by phagocytosis. This defect leads to multiple pathologies associated with murine SLE. Our recently funded NIH/DOD grants propose translational studies to assess whether lysosome dysfunction underlies human SLE, and studies to assess whether restoring lysosome function prevents onset or attenuates progression of disease in mice. Other goals seek to define the molecular and genetic events that drive lysosome dysfunction. Thus, projects are available to study murine or human aspects of lupus. Detailed research information is available on our websites: https://www.vilenlab.com/ and https://www.med.unc.edu/microimm/directory/barbara-vilen-phd/.

Successful candidates require a background in immunology, experiences in murine models or human translational research and good English speaking and writing skills. A sound track-record of publishing, and strong internal motivation are essential. Experiences in flow cytometry/microscopy (multicolor, multiple cell types), animal models (injection, bleeding, organ processing) are preferred. Salary is based on years of quality experience. Time period is variable, but funding is in-place for 4 years.

UNC-Chapel Hill is situated between the Blue Ridge Mountains and the NC Beaches, close to Durham, Raleigh, and Research Triangle Park. It has an excellent, collaborative research environment.

Please send CV including contact information for three references,
and cover letter (optional) to:

Barbara Vilen, Ph.D. (barb_vilen@med.unc.edu)
Department of Microbiology & Immunology, 6110 Marsico Hall
University of North Carolina at Chapel Hill


ポスドク募集(免疫学、自己免疫疾患)

Vilen labではポスドク一名を急ぎ募集します。

私たちの研究室では、自己免疫疾患における免疫破綻機構の解明に焦点をあてて研究をおこなっています。私たちは、全身性エリテマトーデス(SLE)において、リソソーム酸化の異常により、ミエロイド系細胞に貪食されたIgG結合免疫複合体の分解が減少することを突き止めました。この異常によりSLEモデルマウスにおける様々な病態が引き起こされます。
私たちは最近NIH/DODより、ヒトのSLEにおけるリソソーム機能不全の有無や、リソソーム機能の補填によりモデルマウスにおけるSLEの発症や増悪が抑制できるかを調べることを目的としたトランスレーショナルグラントを獲得しました。その他、リソソーム機能不全を引き起こす分子生物学、遺伝学的メカニズムの解明も目的としています。そのため、このプロジェクトではマウスSLEとヒトSLEの双方が研究可能です。詳しい研究内容に関してはこちらのサイトをご覧ください:
https://www.vilenlab.com/
https://www.med.unc.edu/microimm/directory/barbara-vilen-phd/

応募資格:免疫学、マウスモデルやヒトトランスレーショナルリサーチに従事した経験のある方で、英語でのライティングや会話が可能な方。研究業績が豊富な方、強いモチベーションのある方を歓迎します
経験:フローサイトメトリーや蛍光顕微鏡、基本的なマウスの取り扱い
待遇:NIHのポスドク給与規定に準じます
期間:基本は4年ですが、相談に応じます
応募書類:
1:CV
2:3人の推薦者の連絡先
3:過去の研究、今後の展望などを記したカバーレター(オプション)
応募先:Barbara Vilen, Ph.D. (barb_vilen@med.unc.edu)

ノースカロライナ大学チャペルヒル校はBlue Ridge Mountains と NC Beaches の間に位置し、Durham, Raleighとリサーチトライアングルパークを形成しています。デューク大学やノースカロライナ州立大学、National Institute of Environmental Health Sciences (NIEHS)との素晴らしいコラボレーションが可能なエリアです。

ご応募お待ちしております!

Barbara Vilen, Ph.D. (barb_vilen@med.unc.edu)
Department of Microbiology & Immunology, 6110 Marsico Hall
University of North Carolina at Chapel Hill

Posted by Barbara Vilen(barb_vilen@med.unc.edu)

2019.07.10

Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School Postdoctral Position

A post-doctoral position is available immediately in the Wei lab at Dept. of Pathology, Beth Israel Deaconess Medical Center, Harvard Medical School. The lab’s major focus is on understanding how aberrant cell signaling pathways including ubiquination and phosphorylation events drive tumorigenesis. More specifically, the lab explores mechanistically how aberrancies in Ubiquitin E3 ligase APC (Gao et at Nature Cell Biology 11: 397, 2009; Wan et al, Molecular Cell 44: 721, 2011; Wan et al, Developmental Cell 29:377, 2014; Wan et al, Cancer Discovery 7:424, 2017) and SCF or other Cullin-based E3 ligases (Inuzuka et al, Cancer Cell 18:147, 2010; Inuzuka et al, Nature 471:104, 2011; Gao et al, Molecular Cell 44: 290, 2011; Inuzuka et al, Cell 150: 179, 2012; Gan et al, Molecular Cell 59: 917, 2015; Shimizu et al, Science Signaling 2017; Dai et al, Nature Medicine 2017) activities contribute to cell cycle regulation and subsequent tumor formation, as well as how PTEN/Akt/mT!
OR signaling pathway governs tumorigenesis (Liu et al, Nature 508: 541, 2014; Liu et al, Cancer Discovery 5:1194, 2015; Guo et al, Science 353:929, 2016; Wang et al, Nature 545:365). We recently also defined cell cycle dependent regulation of PD-L1 that provides the rationale for combination therapy of CDK4/6 inhibitor with PD-1 blockade (Zhang et al, Nature 553:91-95, 2018). Future projects in the lab engage the use of biochemistry, molecular biology and genetic approaches, cell culture techniques and potentially mouse modeling. Therefore, energetic applicants with strong experimental background in biochemistry, molecular and cellular biology and/or genetics are encouraged to apply.

Dr. Wei is looking for self-motivated individuals to become involved in the challenging and rewarding environment of the laboratory. If interested, please send your CV/resume and three references to

Wenyi Wei, Ph.D.
Professor
Dept. of Pathology, Harvard Medical School
Beth Israel Deaconess Medical Center
CLS-637, 3 Blackfan Circle
Boston, MA 02115
Phone: (617) 735-2495
Email: wwei2@bidmc.harvard.edu


Posted by Wenyi Wei(wwei2@bidmc.harvard.edu)

2019.07.09

アラバマ大学バーミングハム校  ポスドク募集

アラバマ大学バーミングハム校 (UAB) Department of Psychiatry and Behavioral Neurobiology ポスドク募集 -Circuits and Systems Neuroscience Research-

1. 概要
アラバマ大学バーミンハム校医学部 (Birmingham, USA) の丹羽研究室 (https://niwaorg.wordpress.com/) では、博士研究員(ポスドク)を1名募集いたします。
Niwa Lab (PI: 丹羽美苗) では、脳の発達・機能ならびに恒常性維持における内分泌-神経系メカニズムの解明に焦点をあてて研究を行います。
私たちの身体では、神経系、内分泌系、免疫系が生体機能を巧みに制御することで恒常性を動的に維持しています。精神疾患では、脳の発達過程において、こうした制御系へのストレス負荷が従来備わっていた遺伝・環境素因と相まって恒常性の維持機構を変容・破綻させ、成人初期に疾患を引き起こすと考えられます。しかしながら、その詳細なメカニズムは未だ不明であります。私たちは、細胞レベルから内分泌-脳神経サーキット、行動レベルに至るまで統合的な解析を進め、ストレス関連精神疾患の病因・病態生理の解明および将来的な予防・診断・治療方法の開発に貢献することを目指しています。

2. 職種・分野等
Postdoctoral Fellow: This person will perform behavioral assays, neurochemical assays including in vivo microdialysis, circuit mapping, and in vivo calcium imaging with a miniature epifluorescence microscope in conjunction with optogenetic manipulation in the neurobiology and neuroendocrinology of parenting, emotional, motivational, and social behaviors. One of our projects is currently supported by a 5-year R01 research grant from the National Institute of Mental Health to understand the role of adolescent stress in postpartum mood and cognition.

3. 応募資格
1) 上記の研究に興味と基礎研究経験のあるPh.D., M.D., M.D.-Ph.D.取得者、あるいは着任までに取得見込みの方。一報以上の筆頭著者論文を有する方、学位取得後3年以内の方を歓迎いたします。
2) 基本的な分子生物学、生化学、顕微鏡操作、マウス行動実験の手技が必要となりますが、これらの技術は必須ではありません。特に、マウスにおける神経活動操作 (オプトジェネティクス) ならびに神経活動測定 (電気生理、イメージング) の技術・実績のある方を歓迎いたします。
3) 英語による基本的コミュニケーション能力のあり、新しい分野を開拓したいという熱意のある方を希望いたします。

4.募集人員
1名

5.着任時期 (採用予定日)
2019年7月以降。個別の事情に対応いたします。

6.待遇給与等
米国NIHおよびUABの規定に従います。UABの規定に従いビザのサポートも致します。留学にあたってのフェローシップ取得のサポートも致します。PIは学振PD、海外学振、さきがけ、NIH K99キャリアデベロプメントグラント等に採択された経験があり、日米でのグラント獲得およびPIになるためのキャリアデベロプメントについて具体的なアドバイスができます。

7.提出書類
1) CV
2) これまでの研究概要、本研究への興味・意欲、今後の研究に対する展望
3) 推薦者2-3名の連絡先、応募者本人との関係
これらを一つのPDFファイルにし、丹羽美苗 (mniwa@uabmc.edu) 宛にe-mail にてご送付ください。

8.応募締め切り
ポストが埋まり次第締め切ります。

9.応募書類送付先、問い合わせ先
Minae Niwa (丹羽美苗), Ph.D.
E-mail: mniwa@uabmc.edu

10. 備考、その他
バーミングハムは、アトランタから車で2-3時間の場所にあるアメリカ南東部に位置する街です。他のアメリカの大都市に比べて、住宅費が格段に安いので、比較的ゆとりのある生活ができると思います。
UABでは神経科学系の研究が活発に行われています。設備、共同研究、生活など恵まれた環境の中で、海外での研究に挑戦したい意欲の高い方の応募をお待ちしております。


投稿者:Minae Niwa (丹羽美苗)(mniwa@uabmc.edu)

2019.07.08

McEwen Stem Cell Institution, Ogawaラボポスドク募集

McEwen Stem Cell Institution, Ogawaラボポスドク募集
カナダトロントにありますUHN ( University Health Network)のMcEwen Stem Cell Institutionの小川研究室(PI:小川真一郎)では、ヒトES/iPS細胞由来内胚葉細胞、肝細胞を用いて、肝臓発生及び成熟化の過程における分子細胞学的機序の解明とともにそれを用いた再生医療研究に努めております。再生医療の研究に熱意があり、Translational researchに意欲のあるポスドク研究員を募集しております。興味のある方は是非ご連絡、ご応募をください。

募集内容 博士研究員 1名
応募の目安となる条件:
(1) 医歯薬、理学系分野の博士号
(2) ヒト多能性幹細胞の培養経験(必須ではないです、当研究室で勉強していただいても構いません。)。遺伝子改変マウスモデルを用いた研究経験あるいは CRISPR/Cas9などの遺伝子改変技術を用いた研究経験のある方、またはBioinformaticsを用いた研究経験がある方
(3) 共同研究を行う上で、協調性と熱意を持って研究に取り組まれる方
(4) 奨学金、グラント、フェローシップのサポートがおありの方、又は受けられる可能性のある方(必須ではありませんが、望ましい。)
待遇:当研究施設の規定に従います。1年ごとの契約更新ですが、数年在籍して主要論文を発表する意欲のある方を募集します。
採用時期:ビザ申請などの手続き完了後、なるべく早い時期を希望します。
応募方法:
(1) これまでの研究の概要、今後の研究抱負を記したカバーレター(A4 1-2枚:英語表記:日本語表記の追加も可)
(2) CV (英語表記)
(3) コンタクト可能な推薦者2-3名の名前と連絡先
(4) 上記を一つのPDFファイルにして shinichiro.ogawa@uhnresearch.caまでお送りください。
選考方法:書類選考、Skype等を用いた面接を行います。適任者採用次第締め切りとなります。

連絡先:小川真一郎
Shinichiro Ogawa MD, PhD
Affiliate Scientist,
McEwen Stem Cell Institute
University Health Network
MaRS Centre/PMCRT 8-701
101 College Street
Toronto, ON M5G 1L7 CANADA


投稿者:小川真一郎(sogawa@uhnresearch.ca)

« 2019年06月 | 最新の10件

アーカイブ

  • 2019年07月
  • 2019年06月
  • 2019年05月
  • 過去ログ一覧