« Previous | 最新の10件 | Next »

バロー神経研究所 脳動脈瘤・脳動静脈奇形研究センター ポスドク募集

ポスドク募集 (PhD, MD, MD/PhD)
バロー神経研究所 脳動脈瘤・脳動静脈奇形研究センター

当研究室は細胞生物学、分子生物学、遺伝子改変動物を主体とした手法を用いて脳動脈瘤、脳梗塞、大動脈瘤を中心とした研究を行っています。われわれはこれまでに脳動脈破裂マウスモデルを確立し、脳動脈瘤の破裂機構に関して明らかにしてきました。
アリゾナ州フェニックスはアメリカ南西部に位置し、全米6位の都市です。年間を通して温暖で、過ごしやすいです。車で2-3時間の距離に、セドナ、グランドキャニオンなどの観光地があり、プライベートも充実します。留学にあたっては私と当ラボスタッフが 研究面、生活面共に面倒を見ます。
バロー神経研究所は、有名な脳神経外科医であるDr. Michael T. Lawton、Dr. Robert F. Spetzlerが在籍しており、手術見学や教育セミナーへの出席も可能です。
ご興味を持った方は履歴書(学歴と研究歴/業績、日本語可)を以下にe-mailしてください。

待遇:1-2年間のフェローシップを獲得することが望ましい。3年目以降は当施設基準に準じて支給。家族を含む医療保険は補償。
採用時期:2019年4月以降
採用期間:2-5年間
募集人数:2名

Selected Publications
1.Kamio Y, Miyamoto T, Kimura T, Mitsui K, Furukawa H, Zhang D, Yokosuka K, Korai M, Kudo D, Lukas RJ, Lawton MT, Hashimoto T. Roles of Nicotine in the development of intracranial aneurysm rupture. Stroke. 2018;49:2445-2452.
2.Kotoda M, Furukawa H, Miyamoto T, Korai M, Shikata F, Kuwabara A, Xiong X, Rutledge C, Giffard RG, Hashimoto T. Role of myeloid lineage cell autophagy in ischemic brain injury. Stroke. 2018;49(6):1488-1495.
3.Kuwabara A, Liu J, Kamio Y, Liu A, Lawton MT, Lee JW, Hashimoto T. Protective effect of mesenchymal stem cells against the development of intracranial aneurysm rupture in mice. Neurosurgery. 2017;81(6):1021-1028.
4.Shimada K, Furukawa H, Wada K, Korai M, Wei Y, Tada Y, Kuwabara A, Shikata F, Kitazato KT, Nagahiro S, Lawton MT, Hashimoto T. Protective role of peroxisome proliferator-activated receptor-gamma in the development of intracranial aneurysm rupture. Stroke. 2015;46(6):1664-1672.
5.Tada Y, Wada K, Shimada K, Makino H, Liang EI, Murakami S, Kudo M, Shikata F, Pena Silva RA, Kitazato KT, Hasan DM, Kanematsu Y, Nagahiro S, Hashimoto T. Estrogen protects against intracranial aneurysm rupture in ovariectomized mice. Hypertension. 2014;63(6):1339-1344.
6.Makino H, Tada Y, Wada K, Liang EI, Chang M, Mobashery S, Kanematsu Y, Kurihara C, Palova E, Kanematsu M, Kitazato K, Hashimoto T. Pharmacological stabilization of intracranial aneurysms in mice: a feasibility study. Stroke. 2012;43(9):2450-2456.
7.Kanematsu Y, Kanematsu M, Kurihara C, Tada Y, Tsou TL, van Rooijen N, Lawton MT, Young WL, Liang EI, Nuki Y, Hashimoto T. Critical roles of macrophages in the formation of intracranial aneurysm. Stroke. 2011;42(1):173-178.
8.Nuki Y, Tsou TL, Kurihara C, Kanematsu M, Kanematsu Y, Hashimoto T. Elastase-induced intracranial aneurysms in hypertensive mice. Hypertension. 2009;54(6):1337-1344.
連絡先
Tomoki Hashimoto, MD.
Director, Barrow Aneurysm and AVM Research Center
Professor, Neuro-anesthesiology and Neurobiology
Barrow Neurological Institute
St. Joseph’s Hospital
e-mail: tomoki.hashimoto@barrowneuro.org(日本語可)

投稿者:Tomoki Hashimoto

« Previous | 最新の10件 | Next »

アーカイブ

  • 2018年10月
  • 2018年09月
  • 2018年08月
  • 過去ログ一覧