2018.11.16

UPMC Cancer Center Pittsburgh, USA ポスドク募集

Harvard Medical Schoolでインストラクターをしている高橋重成と申します。この度ラボメンバーであるIoannis Zervantonakisが独立するにあたり、ポスドク・Ph.D学生、テクニシャンを募集することになりました。彼はPh.D学生時代、MITにてMechanical Engineeringを専攻した後、ポスドク時代はHarvard Medical SchoolにてCancer BiologyやSystems Biologyを専攻したという少し異色のバックグランドを持ちます。工学系出身ということもあり、ウェットな実験を通した個別のアッセイだけではなく、複雑極まる生命現象(特にがん分野)をシステマティックにとらえ、定量化したいというのが彼のスタイルだと思います。

MIT, Harvard Medical Schoolの両方において、日本人研究者と深く仕事をしていた経験があるため、日本人の話す英語には極めて慣れています。またその際の経験から、日本人の勤勉さを高く評価しており、特に日本人研究者を採用したいようです。

まだ30歳半ばの若手PIですが、ビッグラボでは得られないようなPIとの密な連携の下、研究を進められると思います。少しでも興味をお持ちの方はお気軽にIoannis Zervantonakis (ioz1@pitt.edu)まで問い合わせて頂けたらと思います。その際に必要なものは簡単なCover letterとCVのみであり、現時点ではRecommendation letterは必要ないとのことです。以下、公式の募集要項です。

[Lab Description]
Understanding cell behavior in native tumor microenvironments and developing new strategies to deliver therapeutics directly to tumor cells are critical in improving and extending patients’ lives. Our lab employs a quantitative approach that integrates microfluidics, systems biology modeling, and in vivo experiments to investigate the role of the tumor microenvironment on breast and ovarian cancer growth, metastasis and drug resistance. Our goal is to develop bioengineered tumor microenvironment platforms and apply them to improve understanding of tumor-stromal signaling mechanisms in order to: (1) discover biomarkers that guide new drug development and improve prognosis, (2) develop new strategies to improve existing treatment protocols and (3) engineer microfabricated tools that enable screening and personalization of cancer therapies. The Tumor Microenvironment Engineering laboratory offers the opportunity to work at the forefront of cancer bioengineering, learn cu!
tting edge techniques and collaborate with an interdisciplinary group of scientists and clinicians in the Cancer Center.

[Positions]
Graduate students: There are 2 openings for graduate students starting in the Fall of 2019 (Application deadline: December 1st 2018). Please apply to the Bioengineering Department and specify interest in working with Professor Zervantonakis.

Postdoctoral fellows: Applicants should hold a PhD in bioengineering, biomedical sciences or related fields. Openings are available for computational and/or experimental projects starting August 2019.

Technicians: Applicants should hold a BS in biomedical sciences and have experience in cellular biology, and/or in vivo mouse models. Openings are available starting August 2019.

[Instructions to apply]
Please visit the website (www.zervalab.com) to find out more about each position, as well as research projects, publications, mentoring and collaborations. Interested applicants please submit a cover letter and CV to: Ioannis Zervantonakis, Ph.D. Assistant Professor, Department of Bioengineering. Email: ioz1@pitt.edu

[Location]
Tumor Microenvironment Engineering Laboratory, University of Pittsburgh, Department of Bioengineering and UPMC Cancer Center
Pittsburgh, USA

[Publications]
I.K. Zervantonakis, C. Iavarone, H.S Chen, L.M. Selfors, S. Palakurthi, J.F. Liu, R. Drapkin, U. Matulonis, J.D. Leverson, D. Sampath, G.B. Mills and J.S. Brugge. “Systems analysis of apoptotic priming in ovarian cancer identifies vulnerabilities and predictors of drug response”, Nature Communications 8(1): 365 (2017)

I.K. Zervantonakis & C.D. Arvanitis. Controlled Drug Release and Chemotherapy Response in a novel 3D Acoustofluidic Platform. Small 12 (19), 2616-2626. (2016)

I.K. Zervantonakis, S. K. Alford-Hughes, J. L. Charest, F. B. Gertler, J. C. Condeelis and R. D. Kamm. "Three-dimensional microfluidic tumor-vascular interface model: Tumor cell intravasation and endothelial barrier function." PNAS, 109 (34), 13515-13520. (2012)


投稿者:高橋 重成(takahashinobuaki44@gmail.com)

2018.11.15

Cincinnati Children's Hospital Medical Center Postdoctral position

Cincinnati Children’s is a premier pediatric research institution where researchers work collaboratively across specialties to address some of the biggest challenges in improving child health.
The Perl lab focuses on lung mesenchymal cells and their role in alveolar development and homeostasis and fibrotic lung disease, using transgenic mouse models and human lung tissue, in combination with cutting edge RNA Seq technology, 2/3 dimensional immunofluorescence imaging using confocal microscopy, and organoid models (https://www.cincinnatichildrens.org/research/divisions/p/pulmonary-bio/labs/perl). We are looking for a postdoctoral fellow/ research associate to investigate molecular and cellular changes in fibroblast subpopulations in lung development, injury, fibrosis and regeneration. The postdoc will work in an interdisciplinary team to study lung injury and regeneration, use various RNAseq datasets and follow up predicted new interactions in vitro and in vivo, and learn about lung disease and model disease in organoid cultures. The ideal candidate will be a highly motivated recent (< 4 years ago) PhD or MD/PhD researcher, experienced in basic molecular biology te!
chniques, tissue culture, animal models, transcriptomic data analysis or desire to learn big data analysis, and proficient in English. Knowledge of lung biology is not required.

Please submit a cover letter, CV and contact details for 3 referees to Anne-Karina Perl, PhD at Anne.Perl@cchmc.org.
Please go to https://jobs.cincinnatichildrens.org/search/searchjobs and search for job (requisition) number 102875 (Research Fellow) or 102874 (Research Associate).
Cincinnati Children’s is an Affirmative Action/Equal Opportunity Institution


Posted by Uma Sivaprasad(research@cchmc.org)

2018.11.14

University of Wisconsin-Madisonポスドク募集

The Ikeda laboratory (https://genetics.wisc.edu/staff/ikeda-akihiro/) at University of Wisconsin-Madison aims to understand how the aging process is regulated at the molecular level and how it is associated with disease mechanisms using mouse models. We are seeking a highly motivated postdoctoral researcher who will be involved in an NIH-funded project that investigates the role of mitochondrial dynamics in the aging process and age-related diseases at the molecular level. Responsibilities for the position include carrying out the molecular biological experiments, phenotyping of mice, performing proteomic analysis and interpretation of data, as well as preparation of manuscripts. Background and experience in molecular biology and proteomics (Co-IP/mass-spectrometry) preferred. Ability to work as a team member is essential. The successful candidate will be also encouraged to explore new research areas and seek independent funding for future career development.

To apply for this position, please submit a cover letter describing prior research experience, research interests and future career goals, CV, and the contact of three references to aikeda@wisc.edu.

Location: Department of Medical Genetics, University of Wisconsin-Madison, Madison, WI, USA

Requirements: Ph.D. in biochemistry, molecular biology, or related field required.

Begin Date: as soon as possible
Duration: 2 years (minimum, renewable)
Percent Time: 100%
Salary: NIH standard

Akihiro Ikeda, Ph.D, D.V.M.
Professor
Department of Medical Genetics
McPherson Eye Research Institute
Timothy William Trout Professor in Eye Research
University of Wisconsin-Madison
425-G Henry Mall Rm 5322
Madison, WI 53706-1580
aikeda@wisc.edu

投稿者:Akihiro Ikeda (池田明弘)(aikeda@wisc.edu)

2018.11.09

イリノイ大学ポスドク募集

イリノイ大学 医学部 薬理学科 山田研究室で博士研究員を募集しています。
アメリカ国立衛生研究所 (NIH) に採択されたプロジェクトで、2024年3月まで、血管新生の制御による創薬についての研究を行います。ガンや失明を伴う加齢黄斑変性 (wet AMD) では過剰発現した血管内皮細胞増殖因子 (VEGF) により、過剰な血管新生が起こります。そのような血管は漏れやすく、組織に炎症や損傷を引き起こします。山田研究室では、VEGF受容体であるVEGFR2の細胞内での局在を制御することにより、VEGFの受容、下流のシグナリングの制御を調整できると考え、VEGFR2の輸送を担う分子としてキネシン分子KIF13Bの機能に着目し、研究を行っています。
博士研究員にはこのプロジェクトについて、分子生物学的、細胞生物学的、ペプチド創薬、遺伝子改変モデルマウスを用いた実験に従事し、指導教官や共同研究者とともに研究を遂行していただきます。

[勤務地住所]
アメリカ大学イリノイ州シカゴ
イリノイ大学医学部薬理学科シカゴキャンパス

[募集人員]
博士研究員 1名
研究補助員 1名

[着任時期]
2019年4月

[応募資格]
生物学または関連分野で博士号取得している方(もしくは4月までに取得見込み)
熱意をもって研究に取り込める方
研究補助員をご希望の場合は、生物学関連分野で学士もしくは修士を取得していること。

[採用後の待遇]
給与、福利厚生は大学の規定に準じます。
J1等ビザのサポートをいたします。

[応募方法]
応募者はメールにてご連絡ください。
応募書類
1) 履歴書
2) 業績書(論文リスト)
3) 3名の推薦者の連絡先。応募の段階で推薦書の必要はありません。

[連絡先]
horiguch@uic.edu

投稿者:山田かおり(horiguch@uic.edu)

2018.11.07

トマスジェファーソン大学ポスドク募集

ポスドクまたはリサーチアシスタント募集

米国ペンシルベニア州フィラデルフィアトマスジェファーソン大学

Thomas Jefferson University, Sidney Kimmel Medical CollegeのYa-Ming Hou教授が、ポスドクまたはリサーチアシスタントを募集しています。Hou教授は、tRNAのエピジェネティックな修飾がコドン特異的翻訳にどのように関わるかについて研究されています。コドン特異的翻訳は新たな階層での遺伝子発現制御機構として最近注目されており、tRNAのアンチコドンの修飾によって制御され、またストレスにより変化することが知られています。現在のHou先生の研究テーマは、RNAの生合成とマチュレーション、エピジェネティックなメチル化、ミトコンドリアにおける翻訳と疾患への関連ということです。
  Hou先生は活発で頼れる優しい方です。博士課程修了見込みの方、また最近博士号を取られた方、ぜひご検討ください。RNA-Seq、データ解析、蛍光イメージング、哺乳類細胞培養、分子生物学、タンパク質や酵素、核酸、ミトコンドリアの研究の経験のある方にお勧めです。より詳しく聞きたい方は、直接Hou教授にご連絡されるか(ya-ming.hou[at]jefferson.edu)、私(首都大学東京理学部生命科学科准教授 安藤香奈絵 ( k_ando[at]tmu.ac.jp)まで。 ※[at]を@としてください)。
Hou博士のWebsiteはこちら。
https://www.jefferson.edu/university/research/researcher/researcher-faculty/hou-laboratory.html
応募される方は、カバーレター、CVと推薦者3人の氏名と連絡先を、Hou先生にお送りください。

Ya-Ming Hou, Ph.D.
Professor, Department of Biochemistry and Molecular Biology
Thomas Jefferson University
Sidney Kimmel Medical College
233 South 10th Street, BLSB 220
Philadelphia, PA 19107
Email: ya-ming.hou[at]jefferson.edu

Publications in 2018:
Masuda, I, Matsubara, R, Christian, T, Rojas, E, Yadavalli, SS, Zhang, LS, Goulian, M, Foster, L, Huang, KC, Hou, YM. (2018) tRNA methylation is a global determinant of bacterial multi-drug resistance. Cell, in revision.

Gamper, H, Hou, YM. (2018) tRNA 3'-amino-tailing for stable amino acid attachment. RNA, PMID: 30217865.

Masuda, I, Takase, R, Matsubara, R, Paulines, MJ, Gamper, H, Limbach, PA, Hou, YM. (2018) Selective terminal methylation of a tRNA wobble base. Nucleic Acids Res, 46 (7):e37. PMID: 29361055; PMCID:PMC5909439


投稿者:Kanae Ando(k_ando@tmu.ac.jp)

2018.11.02

Cedars-Sinai Medical Center研究員募集

カルフォルニア州ロサンゼルス、Cedars-Sinai Medical Center, Yamashita and Bernstein Labsでは意欲のある研究員を2名(有給)募集しています。

研究テーマ: 好中球ACEのRAS非依存的な腎炎への影響について
糸球体腎炎の発病メカニズム、好中球特に、好中球ACEの半月体形成性糸球体腎炎における役割について、細胞や動物モデル、そしてヒトの腎生検組織を用いて調べおりましたが、今回Dr. Kenneth BernsteinのRO1獲得に伴い合同で更に2人雇えることになりました。
https://www.cedars-sinai.edu/Research/Research-Labs/Bernstein-Lab/
https://www.cedars-sinai.edu/Bios---Physician/Pathology-Bios/Michifumi-Yamashita-MD-PhD-FASN.aspx
非常にsupportiveなCollaborator達に囲まれて、ラボを運営しております。面白い数々のTransgenic/Knock-out miceや機材、試薬も揃っており、非常に恵まれた環境です。私達のグループには現在25人が働いており、私も含めて6人の日本人研究者が在籍しています。みなさんとても協力的で環境の変化にも適応しやすいかと思います。
Cedars-Sinai Medical Centerはビバリーヒルズにある、およそ900床の病院でそれに併設している研究所では活発にtranslational researchが行われております。ロサンゼルスは気候もよく、日本の食材も簡単に手に入り、また日本人も多いため、他の州に比べて非常に快適な生活が送れると思います。私が所属するRenal Pathologyは腎生検標本年間3600例を有し、私も含め5人のrenal pathologistsが所属しています。腎病理の症例数では、全米第3位、アメリカ西海岸では第1位となっています。2017年11月よりMGHのNephrologyのトップであったDr. Ravi ThadhaniとBeth Israel HospitalのDr. Ananth Karumanchi(両者ともHarvardのProfessor)がCedars-Sinaiに移ってきており、共同研究を行っています。腎臓研究はますます活発になってきています。

応募方法:興味のある方は、お気軽に下記のメールアドレスまで連絡をください。
給与:Cedars-Sinai Medical Centerの内規に沿ったものとなります。
山下倫史
Michifumi Yamashita, MD, PhD, FASN
Assistant Professor
Department of Pathology & Laboratory Medicine
Cedars-Sinai Medical Center
8700 Beverly Blvd. PACT 500
Los Angeles, CA 90048
Email: Michifumi.Yamashita@csmc.edu


投稿者:山下倫史(Michifumi.Yamashita@csmc.edu)

2018.11.01

アラバマ大学バーミンガム校ポスドク募集

Interested in Cancer Stem Cell, Circulating Tumor Cell, or Cancer Therapeutic Development?

アラバマ大学バーミンガム校 (UAB)の中野研では新たにポスドクを若干名募集しております。

テーマ:
intratumoral and intertumoral heterogeneity in brain cancer,
development of novel mechanistic concept for glioblastoma cellular hierarchy and plasticity,
therapeutic development for primary and metastatic brain cancers

脳腫瘍外科医のPI(Ichiro Nakano)と共同研究者が、手術で摘出する脳腫瘍手術サンプルから樹立した、癌幹細胞の培養系と動物モデルを主に用いて、メカニズム解析からの新たなコンセプトの樹立と治療法の同定と患者への適応を主なテーマとしています。

財源:
現在4つのNIH/R01 grantがあります。最も新しいものは来年から始まり5年間あります。

最近の業績:
当ラボからの仕事としては、Mao P et al., PNAS 2013; Kim et al., Cancer Research 2014; Cheng et al, Stem Cell Reports 2015; Kim et al, Cell Death & Diff 2015; Kim et al Stem Cell Reports 2015; Kim et al Cancer Cell 2016; Cheng et al, Cancer Res 2016; Wang et al, JCI 2017; Sadahiro et al., Cancer Res 2018; Pavlyukov et al, Cancer Cell 2018; Minata et al., Cell Reports [in press]などがあります。

また当ラボの特徴として、共同研究として米国内、ヨーロッパ、日本、シンガポール、韓国、中国など計60を超えるプロジェクトが継続しています(臨床サンプルからのtranslational research)。チームに加わった方々は、興味のあるプロジェクトに随時参加できます。共同研究から生まれて来ている論文も近年多数ありますので、詳細はPubmedでご確認ください。

ラボの日々の様子について:
興味がある方は現在のラボメンバーの中で日本から参加しているテクニシャンのMs. Shinobu Yamaguchi (syamaguchi@uabmc.edu)に気軽にメールで訊いてみてください。

必要事項:
PhD or MD
First author paper in well-respected journals
情熱のある方でチームプレーができ、新しい概念や手技を吸収する意欲のある方
2通以上の推薦状
自らの予算を持ってこられる方にはco-corresponding authorになるチャンスがあります。

アプリケーション送付先:
inakano@uabmc.edu

Principal Investigator:
Ichiro Nakano, MD, PhD
Professor,
Departments of Neurosurgery,
Co-Leader, Neuro-oncology Program,
Comprehensive Cancer Center
University of Alabama at Birmingham

広がる景色の向こうを見て鍛錬に真摯に取り組む若手のかた、キャリアを我々のチームと一緒に作りましょう。待ってます!

Posted by Ichiro Nakano(inakano@uabmc.edu)

« 2018年10月 | 最新の10件

アーカイブ

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年09月
  • 過去ログ一覧