2016.12.31

2016 Rewind

毎年、大晦日に一年を振り返ると、もっと頑張れたなぁ、やりたい仕事の30%くらいしかできなかったなぁと反省するわけですが、その30%が自分の本来の実力なんじゃないかというのことに、今更ながら気づいた2016年の大晦日です。ということで、今年は反省いたしません。

来年も、やりたいことだけ、あちこち手をつけ、中途半端にやり散らかしてやろうと思っています。

プライベートにおいては、今年は、友人の幅がものすごく広がりましたね。特に、今まであまり付き合ったことのない人種の友人が増えました。

2016年は、たくさんの友人、学生たちに囲まれて、楽しく過ごせました。ありがとうございました。

皆様にとっても、2017年が素晴らしい一年になりますように。

2016.12.28

2016年のベスト~Bar~

僕にとってのBarは、気分転換する場所。0次会だったり、2次会だったり、帰り道だったり、旅先だったり。

基本1人で飲みます。だから、2杯くらい。明るいバーだったら、本を読んで長居することもあるけど、たいてい、30分くらいで、サッと飲む。

Barは、暗いので、写真を撮るのは難しいんだけど、Barで写真撮るのが好き。好きなBarの写真をいくつか紹介します。

一番好きなのは、麻布十番バー・ラ・ユロットのサイドカーです。

ボンドマティーニ、バーカプリ@ホテルニューオータニ

サイドカー、PRBAR@外苑前

フィッシャーマンズアンドサン、テンダー@銀座

ポール・ジロー35年、G7@西荻窪

サイドカー、バー・ラ・ユロット@麻布十番

サイドカー、Bar Oak@東京ステーションホテル

ロゼシャンパーニュ、ベロビスト@セルリアンタワー東急ホテル

ステラガーデン @ザ・プリンス パークタワー東京

ジントニック、カアラ@北新地

Peter Bar@ザ・ペニンシュラ東京

ロゼシャンパーニュ、シャンパンバー@ANAインターコンチネンタルホテル

モヒート、ザ・コモン・ワン・バー・キョウト@祇園

ベリーニ、ロッキングチェア@河原町

フェルネットブランカ、家鴨社@神楽坂

2016.12.27

2016年のベスト~うまいもの~

今年も、ずいぶん食べました。ミシュラン星つきや、食べログ1位の店にも行きました。

あと、毎月29日は、肉会と称して、毎月、うまい焼き肉食べるグループに混ぜてもらいました。

美味いものを作ってくださる作り手の方にも感謝ですし、一緒に、美味しいものを食べてくてくれる友人にも感謝です。

というわけで、今年食べたうまいもの(の一部)をご紹介します。あえて、選ぶとしたら、龍吟の鮎ですね。

田中田のノドグロの煮付け。巨大。

龍吟の鮎。

かぶと

29会!

食ラボの焼売。

蘭州のパクチー餃子。

歓迎本店の焼き餃子。

翡翠麺

カボスソバ

すし久遠くまがい

匠進吾

きた福

バルセロナのピンチョス

ポンチ軒

自作のナスと鶏の揚げ浸し

2016.12.25

2016年のベスト~写真~

今年も、たくさんの写真を撮りました。

年末に写真の整理して、数年前の写真と比べてみると、自分の写真の腕が上がっているように思います。自分で言うのも僭越ですが。

ピント、構図、光の使い方、いろいろな要素があると思いますが、いつも、たくさんの写真をFacebookに載せて、多くの方に見ていただいているのがいいのではないかと思います。

て、2016年のベストの写真ですが、これ1枚というのは難しいので、全部で14枚ほど選んでみました。

来年は、ポートレートを本気でやりたいです。モデル募集中。かなり、うまいもの、ついてきます。

2016.12.24

2016年のベスト~本~

2016年も残すところ1週間。僕は、年の瀬の1週間を、毎年、1年間を振り返るエントリーをFacebookとブログに載せています。2015年の記事は、こちらで読めます。
http://www.kenkyuu.net/whatsnew/my_best/

さて、今年も、2016年を振り返りながら、「今年のベスト」企画をおこないたいと思います。

まずは「今年のベストブック」。

僕は、今年上半期は、佐藤正午の本を読みあさっていました。10冊以上読みました。この件は、年明けにでも、じっくり、書きたいと思っています。特に、僕の人生のベストブックに近いのが、「ジャンプ」。

でも、これは、古すぎる本なので、今年読んだ、2016年の本を紹介します。

とりあえず、読んで面白かったのは、
マチネの終わりに」 平野啓一郎
コンビニ人間」 村田沙耶香
i」西加奈子
自分の時間を取り戻そう」ちきりん
なぜ、あなたの仕事は終わらないのか」 中島聡
堤清二 罪と業 最後の「告白」」 児玉博
話すだけで書ける究極の文章法」野口 悠紀雄

どれも、おすすめできる本ですので、未読の方はどうぞ。さて、今年のベストブックですが、フィクションは、

マチネの終わりに
マチネの終わりに
posted with amazlet at 16.12.24
平野 啓一郎
毎日新聞出版 (2016-04-08)

ノンフィクションは、

としたいと思います。

2016.12.10

本の紹介『研究留学のすゝめ!』

献本ありがとうございます。

僕は、2002年にシアトルでの2年9ヶ月の留学生活を終え、日本に戻りました。その際に、2000年からはじめていた、研究留学ネットの内容を1冊の本にまとめ、「研究留学術」として出版しました。「研究留学術」が出版される前は、研究留学に関する書籍は何冊かあったのですが、「研究留学術」出版以降は、1冊も出版されていません。

こういった、ハウツー物的な内容は、webサイトから情報を得るようになったというのも一つですが、「研究留学術」がこの手の本で、群を抜いて完成度が高く、多くの方から高い評価を得たからだと思っています。自分で言うのも僭越ですが。事実、これまでに、1万3000部ほどが売れ、ロングヒットになりました。

一方で、「研究留学術」は、僕の経験をベースにした本ゆえ、すでに、日本に戻ってきている僕にはアップデートすることもできませんでした。それでも、増刷の際には、ビザの情報などはできる限りアップデートしてきましたし、出版から10年経って、改訂する際には、島岡さんと広田さんと私の鼎談を入れたりしてきました。でも、自分としても不本意な部分もあって、これでいいのかと、ずっと思っていました。

今回、羊土社から出版された「研究留学のすゝめ!」 は、「研究留学術」以降、はじめての研究留学本です。実験医学の連載記事「留学のすゝめ」をベースにまとめられ、多くの方が様々な経験を語られています。多くの方の分担執筆ゆえ、一貫性がない部分はありますが、留学された場所も多様で、研究者のバックグラウンドも多様なので、多くの方に参考になるのではないかと考えています。

僕自身、少しホッとしている部分もあり、次回、出版社から、「そろそろ在庫がなくなってきましたが、増刷どうしますか」と言われたら、「もう、そろそろ、やめましょうか」と安心して答えられると思います。

2016.11.28

本の紹介『自分の時間を取り戻そう』

ちきりん『自分の時間を取り戻そう』が、出版されたので、読みました。

いかに仕事の生産性を高めるかと言うことに焦点を置いた本であり、彼女の提案は、「まず働く時間を短くする」ということ。その中で、生産性の低い仕事があぶり出され、それらに手をつけず、生産性の高いことにのみ集中せざるを得なくなる。もう一つの提案は、「全部やる必要はない」ということを意識することでした。

面白い本だと思うので、是非、一読をお勧めします。

さて、この本の論旨とは、少し離れるかも知れませんが、とても、自分の心に響いた箇所が3つあったので、紹介します。

一つ目は、ちきりんさんにとっての、希少価値。

自分に取っての希少価値を見定めるべしと説いています。多くの方の場合には、お金と時間ということになり、その希少価値をいかに有効に使うかということが生産性向上の重要なポイントになります。

ちきりんさんにとって、お金と時間以外の希少価値は何かというと「頭がきちんと働く時間」だそうで、彼女にとって、「一定レベルの集中力で頭を動かすことができることが可能な4時間」だそうです。若い頃は、もっと長かったのが、現在では、1日4時間になったということ。

実は、僕も、このことは、50歳を過ぎて、痛感しています。自分に取っての一定レベルの集中力で頭を動かすことが可能な時間は、5年前は6時間くらいあったように思うのですが、今では4時間くらいになっています。しかも、僕の場合は、4時間が連続しておらず、午前中の2時間と、夕方頃の2時間に分かれています。6時間くらいあるときは、だいたい、勤務時間から会議とかを抜いた時間に一致していますから。意識すらしなくてよかったわけですが、2+2となると、意識せざるを得ません。なんか、集中できないと悶々として、原稿が進まないということになってしまいます。

その朝2時間、夕方2時間に、いかによけいな会議やら、下らない仕事を入れないで、集中するかということが重要なのです。

これは、なるほどと思ったのは、ちきりんさんはTo do listの立て方です。

「頭が動くときのTo do list」と「頭が動かないときのTo do list」というふうにわけているそうです。「頭が動くときのTo do list」には、原稿執筆、講演の準備、イベントの企画、将棋の練習、なんかをリストアップし、「頭が動かないときのTo do list」には、風呂掃除、ヒールの修理を靴屋に持っていく、冷蔵庫の整理、Facebookのいいね、をリストアップしているそうです。

僕も、今度から、「頭が動くときのTo do list」「頭が動かないときのTo do list」にわけること、積極的にやってみようと思いました。

2つ目は、メールの扱い。

ちきりんさんは10年前から、すべてのメールに返信することはやめているそうです。

「すべてのメールに返信する必要がある」と思っていると、「時間をかけずに返事ができる、たいして重要でもないメールへの返信が優先され」、「後からよく考えて返信しよう」と考えていたメールへの返事が遅れてしまうと言う本末転倒なことが起こる。

メールを読んで、すぐに返事をするかどうかは判断し、もう一度メールが来るまでは返事をしない、と判断した場合には、アーカイブして、受信箱から消してしまうそうです。

あと、日本語変換ソフトに、「りょうかい」とタイプすると、「了解いたしました。よろしくお願いします。」と、「せっかく」とタイプすると、「せっかくお声がけいただきましたのに、貴意にそえず大変申し訳ありません。どうぞよろしくご理解のほどよろしくお願いいたします。」と変換されるそうです。

僕も、かなり、これに近い運用をしていましたが、我が意を得たりと思い、思い切って、さらに、進めていこうと思いました。

3つめは「最後まで頑張る場所は厳選する」という話。

本書では、ラーニングカーブを取り上げて、説明されています。ゼロから8割のデキまでは、2割くらいの時間で到達できるけれど、残りの2割の仕事を仕上げて、完璧にするには、今までの4倍の時間がかかる。

「これは自分に取って勝負の分野だ」と判断するなら、最後まで頑張るべきだけど、自分に取ってたいして重要でない分野なら、8割のデキのところまでいったところでやめるというのが合理的な判断。

この見極めをしっかりすることが重要とのことです。

さらに、私のような、浅く広くしかできない人間にとって、励まされたのは、以下の記述でした。

多くのことに手を出し、その大半を数年でやめてしまう人のことを「なにをやっても中途半端な人」と批判する人がいますが、私は、このスタイルの何が悪いのか分かりません。こういう人は、自分の貴重な時間の学びの生産性が極めて高いフェーズにのみ投入している、とても合理的な人なのです。

というわけで、今まで通り、広く、浅くやっていきます。深くやることもきちんと自覚しながら。

アーカイブ

過去ログ一覧